304馬力のトヨタ「スポーツハッチ」が復活! 鮮烈ブルーが過激な「GRカローラ」“サーキット仕様”米で登場!

トヨタ「GRカローラ」の2024年モデルが米国で発表されました。デビュー当初に設定されていた「サーキットエディション」が改良されて復活します。

カッコよすぎるブルーカラー新設定

 トヨタの米国法人は2023年6月21日、「GRカローラ」の2024年モデルを発表しました。
 
「カローラスポーツ(日本名)」のホットバージョンとなるGRカローラは、304馬力を発揮するハイパワーな1.6リッターターボエンジンを搭載。トランスミッションは6速MT(iMT)のみ、駆動方式はトヨタが新開発した全輪駆動システム「GR-FOUR」を採用します。

米国で2023年冬に発売予定の「GRカローラ サーキットエディション」
米国で2023年冬に発売予定の「GRカローラ サーキットエディション」

 今回米国で発表されたのは、デビュー時に限定車として設定された「サーキットエディション」。2024年モデルとして復活した新サーキットエディションは、ボディカラーに「ブルーフレイム(Blue Flame)」と「アイスキャップ(Ice Cap)」が追加されました。

 従来モデル同様に、グロスブラックのエアダクトを備えたフードバルジやGRスポーツメッシュのグロスブラックフロントグリル、LEDヘッドライトを装備するほか、グロスブラックのリアスポイラー、リアロアディフューザー、トリプルエキゾーストなども採用されます。

 なお、アルミホイールは「モリゾーエディション(2023年モデル)」と同じくブラックの18インチBBSホイールが装着されます。

 また、ブルーフレイムのサーキットエディションには、GR-Fourのロゴが刻印されたブラックのサイドロッカーが採用されます。

 インテリアは、ブルーのアクセントが施されたスエード&合成皮革のスポーツシート、ブルーストライプのGRシフトノブ、ブルーのアクセントステッチなどが取り入れられました。

 2024年モデルでは細かい部分の改良がおこなわれています。

 ステアリングギアやリアサスペンション、バッテリーアースの取り付けボルトを変更。フロントおよびリアバンパーへのアルミシートの追加や、フロントバンパーのエアフローアウトレットのダクト形状が変更されました。

※ ※ ※

 GRカローラ サーキットエディション(2024年モデル)は、2023年冬に米国で発売される予定です。

【画像】えっ…これはヤバい! カッコよすぎる「GRカローラ」画像を見る(18枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー