「なっ…!」 スライドドア付き「スポーティSUV」が凄かった! 爆速エンジン搭載でも「広すぎ内装」 三菱「RVR ハイパースポーツギアR」とは

三菱の高性能4WDセダン「ランサーエボリューション」に搭載された高性能な2リッターターボ「4G63」型エンジンが、当時のハイトワゴン車に搭載されたことがあります。そんな“異質”な最速モデルを紹介します。

ランサーエボリューション譲りの高性能エンジンを搭載!

 三菱「RVR」といえば、現行型で3代目となるコンパクトSUVですが、初代は今とはずいぶん異なるスタイルでした。
 
 そんな初代RVRには、当時のラリーマシン直系の超高性能エンジンを搭載した「最速仕様」が存在していました。

もはや「ランエボ」! 三菱のスライドドアワゴン「RVR ハイパースポーツギアR」
もはや「ランエボ」! 三菱のスライドドアワゴン「RVR ハイパースポーツギアR」

 現在は、三菱のコンパクトクロスオーバーSUVとして3代目モデルが販売中のRVR。

「ASX」という名称で展開する日本国外では、アライアンスを組むルノー「キャプチャー」のOEMモデルとして4代目が登場するとアナウンスされ、話題となっていますが、その初代は非常な個性的なモデルとなっていました。

 1991年2月に登場した初代RVRは、一見するとハイトワゴン風のスタイルをもっていましたが、運転席側は1ドア、助手席側はリアにスライドドアを備えたワンツードアとなっており、広い室内を贅沢に使用した2列シート仕様となっていた点も特徴でした。

 1992年9月には、グリルガードや背面スペアタイヤなど、RVテイストをプラスした「スポーツギア」を追加。

 さらに1993年8月には、助手席側のスライドドアを廃止したうえで、電動オープンルーフを採用した「オープンギア」など幅広いグレード展開をしていた初代RVRですが、なかでも刺激的なのが、1994年9月に実施されたマイナーチェンジのタイミングでした。

 このマイナーチェンジでは、新たに“ランエボ”こと「ランサーエボリューション」にも搭載されていた2リッター直列4気筒 DOHCインタークーラーターボ「4G63」型エンジンを搭載したホッテストモデル「スーパースポーツギア」が新たに追加されたのです。

 ランエボは、当時三菱が世界ラリー選手権(WRC)に参戦するために当時の4ドアセダン車「ランサー」をベースに誕生した4WDのスポーツセダンです。

 車名の「エボリューション(進化)」の通り、世代を重ねながら常に進化を続けていました。

 260PSを叩き出していた当時のランエボ(ランサーエボリューションII)に比べ、230PSと最高出力こそ抑えられていましたが、5速MT仕様も用意されたスーパースポーツギアの異質な「速いSUV」という側面は、かなりのインパクトを与えたのでした。

 そんなRVRのターボモデルの究極系と言えるのが、モデル末期の1997年1月に追加された「ハイパースポーツギアR」でしょう。

 当時のランサーエボリューション(エボIV)を思わせる大きな開口部を持つフロントバンパーを含め、エアロパーツやオーバーフェンダーで盛大に武装したエクステリアは、3ナンバーサイズに拡大。

 心臓部の4G63ターボエンジンは、ランサーエボリューションと同じく大型の前置きインタークーラーなどを採用して250PSへパワーアップ(AT車は230PSのまま)。

 増大したパワーに対応するがごとく、室内にはレカロシートが標準装備となり、まさに“RVRエボリューション”と言っても過言では仕上がりとなっていたのです。

 ただ、このハイパースポーツギアRが登場したのと同じ年の1997年11月には、ベースのRVRがフルモデルチェンジ!

 2代目RVRの登場で、ハイパースポーツギアRの販売期間はわずか10カ月程度に留まり、販売台数はわずか700台足らずと、ランサーエボリューションよりも希少なモデルとなってしまいました。

※ ※ ※

 ちなみにハイパースポーツギアRと全く同じエアロパーツで武装した「ハイパースポーツギアZ」というグレードも同時期に追加されていますが、こちらは同じ4G63型エンジンながら、160PSを発生するNAモデルとなっているのでご注意を。

三菱・RVR のカタログ情報を見る

【画像】後席が「だだっ広い!」 三菱「RVR ハイパースポーツギアR」を写真で見る(56枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー