パワフルな重低音、スムーズな高音再生を車内で! カロッツェリアからパワードウーファーとトヨタ「カローラ クロス」用のトゥイーター取り付けキット、新発売

パイオニア カロッツェリアより、パワードウーファーとトヨタ「カローラ クロス」用のトゥイーター取り付けキットが発売されます。

3種類の重低音モードを選択できるDSPイコライザーを搭載

 パイオニアは2023年6月8日、カロッツェリアブランドから、パワフルな重低音を車内で楽しめるパワードサブウーファー「TS-WX140DA」と、スムーズな高音再生を実現するトヨタ「カローラ クロス」用のトゥイーター取り付けキットを新発売すると発表しました。

カロッツェリア パワードサブウーファー「TS-WX140DA」
カロッツェリア パワードサブウーファー「TS-WX140DA」

 パワードサブウーファー「TS-WX140DA」は、新開発のDSPイコライザー「DIGITAL EQ」を搭載し、従来の「DEEP」、「DYNAMIC」モードに加え、新たに「NATURAL」モードを追加し、音楽のジャンルや気分に合わせてモードを選択できるようになったといいます。各イコライザーのモードは、付属のワイヤードリモコンで簡単に切り替えられるとのことです。

 電力効率の良い170W CLASS Dアンプの採用により、低消費電流と力強い重低音再生を両立し、ハイパワーでありながら高出力時でも歪(ひず)まない高音質設計により、クリアで迫力のある低音を再生できるようになったといいます。

 また、全高70mmの薄型設計により、幅広い車種のシート下に取り付けられるだけでなく、場所を取らないコンパクトサイズのため、ラゲッジスペースなどにも設置が可能。オーディオ電源部からの電源供給に対応しており、車のバッテリーと接続する一般的なサブウーファーに比べ、容易に取り付けることができるとしています。

 さらに、底面に共振を分散して歪みを軽減する「ハニカム構造設計」を採用することで本体の剛性を高め、入力信号に対して忠実でキレのある重低音再生を実現。パール調のマットブラック塗装を施し、大口径グリルにはヘアライン調のシルバーラインをあしらうことで、コンパクトでありながらも、重厚で高品位なデザインに仕上げたとのことです。

 パワードサブウーファー「TS-WX140DA」はオープン価格で、発売時期は6月を予定しています。想定される実勢価格は2万円(税込み)とのことです。

 一方、トヨタ「カローラ クロス」用のトゥイーター取り付けキット「UD-K305」は、カロッツェリアの適合トゥイーターと組み合わせることで、専用設計ならではの最適な音場とスムーズな高域再生を実現。車に搭載された緊急通報システムのスピーカー機能を損なうことなく、ダッシュボードの純正スピーカー取り付け位置へ、手軽に取り付けられるとのことです。

 適合車種は、2021年9月発売モデル以降のトヨタ「カローラ クロス」の6スピーカー車で、適合するカロッツェリアのトゥイーターは「TS-T930」および「TS-T730II」です。

 トヨタ「カローラ クロス」用のトゥイーター取り付けキット「UD-K305」のメーカー希望小売価格は8800円(税込み)で発売は8月を予定しています。

【画像】「カローラ クロス」に装着したトゥイーターと新発売のパワードサブウーファーを見る(16枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー