車名が「教習車」!? もはや買いたくても買えないベース車「不在」の教習所「専用車」とは

自動車教習所では、市販車をもとに教習用へ改造された専用車両が用いられていますが、なかにはベース車が国内に存在しない「教習所専用車」があるといいます。どのようなクルマなのでしょうか。

見たことあるようで「ちょっと違う」!? マツダ「教習車」とは

 クルマの運転免許を取得する際にお世話になってきたであろう車種、それが「教習車」です。
 
 多くの場合は市販モデルがベースですが、なかにはベース車自体が販売されていない「教習車専用モデル」もあるといいます。

人気の鮮烈カラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」も設定! マツダ「教習車」とは!?
人気の鮮烈カラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」も設定! マツダ「教習車」とは!?

 教習車には様々な車種が用いられていますが、なかでも最近路上で見かけることが増えてきたのが、マツダのエンブレムを備えた教習車ではないでしょうか。

 フロントマスクはコンパクトカー「MAZDA2」の前身である「デミオ」に似ていますが、リアセクションを見てみるとトランクが独立した形状のセダン型となっています。

 ハッチバック型のMAZDA2やデミオとは異なり、日本で見慣れないボディを採用しているこの車種は、車名もズバリ「マツダ教習車」です。

 これは海外市場専用の「MAZDA2セダン」がベースとなったモデルで、2019年7月から導入されています。

 ベース車自体が日本で販売されておらず、教習所専用車しか存在しないというケースは、現在国内ではほかに見られません。

 従来型のマツダ教習車は「アクセラ」(3代目モデル)をベースとしていましたが、モデルチェンジを経てボディサイズが拡大してしまいました。

 教習車として用いるにはやや大きすぎるという懸念が出てきてしまったため、より小さなベース車を用いることになったのです。

 ただ教習車には、道路交通法などに基づいた規定のボディサイズが存在しています。

 たとえば全長は4.4m以上であることが定められており、小さすぎてもその要件をクリアできません。

 しかしデミオ/MAZDA2の全長は4m少々。条件を満たすMAZDA2セダンをベースとした新たな教習車が生まれたというワケなのです。

【画像】まさか!? 助手席にも「ブレーキ」? 専用車の内装を写真で見る(54枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー