超スタイリッシュ! ホンダが「新型スポーティセダン」を発売! クーペデザイン採用の“速そうな”「アコード」中国で446万円から

2023年5月20日、ホンダの中国法人は、新型「アコードe:PHEV」を発売しました。どのようなクルマなのでしょうか。

新型「アコードe:PHEV」発売

 2023年5月20日、ホンダの中国法人は、新型「アコードe:PHEV」を発売しました。

11代目となるホンダ新型「アコード」に追加されたPHEVモデル
11代目となるホンダ新型「アコード」に追加されたPHEVモデル

 アコードは、ホンダのミッドサイズセダンです。初代モデルは1970年代に登場とホンダの中でも長い歴史を持ちます。

 今回中国で発売された新型アコードe:PHEVは、2022年11月に世界初公開された11代目モデルのプラグインハイブリッドモデル。2023年4月に開かれた上海モーターショー2023で公開されていました。

 ボディサイズは、全長4980mm×全幅1862mm×全高1449mm、ホイールベースは2830mmです。

 エクステリアは、流麗で洗練されたクーペのようなスポーティなスタイリングを採用。長くすっきりとしたボディラインが、シンプルながらも先進的な印象を高めています。

 インテリアは、国内で販売されている車両で言えば新型「シビック」のような統一感のある上質な仕上がりで、クラストップレベルの乗員空間を実現した心地良くくつろげる室内空間だといいます。

 パワートレインには、最高出力148馬力・最大トルク182Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒エンジンに最高出力183馬力・最大トルク335Nmモーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステムを採用。これに組み合わせるトランスミッションは、E-CVTです。

 価格は、22万5800元(約446万円)からです。

※ ※ ※

 中国でプラグインハイブリッドモデルが登場したアコードですが、日本では10代目となる先代モデルが2023年1月に終了しており、現在販売されておりません。

 そんな中、新型アコードe:PHEVの中国での発売についての報道にSNSでは、「日本はまだですか」「プラグインハイブリッドモデルいいなぁ」「カッコイイ」「ちょっと大きすぎるかも」など様々なコメントが集まっています。

 一方、新型アコードについては日本を含めたグローバルで販売が予定されています。装備・仕様などについては各地域で異なるとされています。プラグインハイブリッドモデルの有無を含め、日本で販売されるモデルの詳細情報は明らかになっていませんが、続報が期待されます。

ホンダ・アコード のカタログ情報を見る

【画像】超スタイリッシュ! めちゃカッコよくなった新型「アコード」を画像で見る(36枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー