やっぱホンダは「F1」でしょ! 2026年復帰参戦へ至る意外な「きっかけ」とは

2023年5月24日、ホンダは2026年シーズンからのF1復帰参戦を明らかにしました。PUサプライヤーとしてホンダが改めて参戦へと至った経緯について、自動車評論家の国沢光宏氏が解説します。

ホンダが「F1」復帰を正式に発表!

 ホンダは2023年5月24日、2026年シーズンから自動車レースの最高峰「FIAフォーミュラ・ワン世界選手権(以下、F1)」に復帰することを明らかにしました。
 
 英国の自動車メーカー「アストンマーティン」のF1チームに対し、エンジンなどのPU(パワーユニット)を供給する「パワーユニットサプライヤー」での参戦だといいますが、今回の復帰に至るまで、ホンダの中でどのような経緯があったのでしょうか。

ホンダの三部 敏宏 取締役 代表執行役社長(左)とパートナー契約を組むAston Martin Aramco Cognizant Formula One Team会長 ローレンス・ストロール氏(右)[FIAフォーミュラ・ワン世界選手権参戦発表会見(2023年5月24日)より]
ホンダの三部 敏宏 取締役 代表執行役社長(左)とパートナー契約を組むAston Martin Aramco Cognizant Formula One Team会長 ローレンス・ストロール氏(右)[FIAフォーミュラ・ワン世界選手権参戦発表会見(2023年5月24日)より]

 嬉しいことに、ホンダが2026年からF1に戻ってくることになった。

 様々なルートから取材してみたところ「ホンダのDNAはF1でしょう!」という、HRC(ホンダ・レーシング)渡辺 康治社長の奔走と、ホンダの青山 真二副社長の強い意思によって実現したプロジェクトだという。

 最近ホンダのブランドイメージ力は落ちる一方と言われる中、明るい希望も見えてきた。

 以下、復活に至った経緯を紹介したい。

 直近のF1活動から振り返ってみると、現在の「第4期」と呼ばれるF1参戦は2013年に始まった。

 マクラーレンと組んだのだけれど、ホンダ側の体勢がひどく、当初からトラブル続き。技術力というより明らかにマネージメントに問題を抱えていたと思う。

 2016年よりF1の担当が山本 雅史氏に変わり、パートナーもトロロッソ(現在はアルファタウリ)へ変更。

 すると2017年から徐々に本来の強さが戻ってくる。

 2019年より、レッドブルにもパワーユニット供給を開始。2021年はメルセデスを圧倒し、フェルスタッペンがチャンピオン奪取!

 2022年から名前こそ「レッドブルパワートレインズ」となったものの、今に至るまでホンダ製のパワーユニットはメルセデスやフェラーリより優れていると高く評価されている。

 それだけに「2021年を持って撤退する」という、2020年当時の社長だった八郷 隆弘さんの判断は、誰が見ても間違いだったと思う。

 結果的に撤退を決めたため、イギリスの拠点など整理し、巨額の損失を出す。

 レッドブル側にとってもパワーユニット部門を立ち上げるため、少なからぬ手間が必要になる。撤退せず活動を存続させていたら、ホンダもレッドブルもお互いに無駄遣いをせずに済んだ。

 とはいえ、日本側の開発拠点である「さくら」(HRCの開発拠点「HRC Sakura」)は、2025年までパワーユニット供給を継続するため稼働中。再開するなら早い時期に次のパートナーを探さなければならない。

 もしさくらも解散したら、もはやF1再開には莫大な費用と人材の育成が必要になってくる。

 HRCの渡辺社長は青山副社長のバックアップのもと、2022年頃から本格的な再開へ向けての作戦を練っていたようだ。

 ただし当初、ホンダの三部 敏宏社長は活動再開を渋っていたと聞く。八郷前社長の判断をくつがえすことだって出来たのに、電動化を推進すると強く主張して再開認めず。

 そうした中、5月24日におこなわれた記者会見で三部社長は「2026年からF1もカーボンニュートラルを目指すため意義がある」とコメントしたけれど、そんなことは2020年時点で容易に予想できていたこと。

 F1を主催する欧州はカーボンニュートラルの発信地であり、当然の流れです。

 撤退という判断をした時点で、メディアからも「F1はカーボンニュートラルになるから残れ」という話がたくさん出ていたほど。だからこそ、ドイツ勢などもカムバックする。

 もしそうなることを読めなかったのなら、ホンダの調査能力の低さを露呈するようなもの。とにかく三部社長はF1再開の気持ちはなかったし、一方で渡辺さんと青山さんは、F1こそホンダの根っ子だと思っていた。

 関係筋から聞いたところによれば、三部社長が参戦再開に合意した大きな理由は「ホンダにとって最も大切なアメリカ市場でF1人気になっているから」のようだ。実際に会見でも同様のコメントをしている。

 意外なことに、アメリカのブランドイメージを調べてみたら、インディもさることながらF1が大きいと判明。F1参戦を止めたらあっという間に存在感が薄れると説得され、ついに再開へGOを出したという流れかもしれない。

 ちなみに2026年からパートナーになるアストンマーティン(アストンマーティン・アラムコ・コグニザント・フォーミュラ・ワン・チーム)は、ジョーダングランプリからスタートした。

 1998年から2002年までホンダエンジンを使っており(3年間は無限ホンダ)、その時のコネクションなど残っていたのだろう。

 フォースインディアになってから厳しい戦績だったものの、資産家のローレンス・ストロール氏(現・チーム会長)がオーナーになるや、急速にチーム体勢は整っていく。

 2022年にレッドブルの空力担当を引き抜くや、速さもしっかり出てきた。

 2023年シーズンの実力ときたら、時にメルセデスや(アストンマーティンもメルセデスのパワーユニットを使用する)フェラーリを凌ぐ戦績を納めているほど。

 さすがにメルセデスのカスタマー仕様だとこれ以上無理、というレベル。ホンダのパワーユニットなら十分TOPを狙えるだろう。

 筆者(国沢光宏)にとっても、やっぱり「ホンダはF1」だ! 嬉しいニュースです。

[編集部注記:2023年5月24日13時15分、記載の一部に誤りがあったため修正しました]

【画像】はじまりは「1964年」から! ホンダ「F1」の歴史を写真で見る(43枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

Writer: 国沢光宏

Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー