横浜ゴムがサポートしたカッレ・ロバンペラ選手が「FORMULA DRIFT JAPAN」第2戦で優勝!

横浜ゴムがグローバルフラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」のタイヤおよびホイールを供給したカッレ・ロバンペラ選手が、「FORMULA DRIFT JAPAN」の第2戦で優勝しました。

横浜ゴムの“最強タイヤ”で優勝!

 横浜ゴムは、同社のグローバルフラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」のタイヤおよびホイールを供給した2022年WRC王者カッレ・ロバンペラ選手が、5月20日~21日に福島県二本松市のエビスサーキット西コースで開催されたドリフト競技大会「2023 FORMULA DRIFT JAPAN」の第2戦で優勝したと発表しました。

「ADVAN NEOVA AD09」に手を添えるカッレ・ロバンペラ選手
「ADVAN NEOVA AD09」に手を添えるカッレ・ロバンペラ選手

 ロバンペラ選手はフィンランド人のラリードライバーで、2020年からフル参戦している「FIA World Rally Championship」(以下WRC)では、2021年にシーズン2勝でドライバー選手権4位にランクイン、翌2022年には史上最年少記録となる22歳でドライバーズチャンピオンを獲得しました。2023年5月11日~14日にポルトガルで開催されたWRC第5戦でも優勝。一方でドリフト競技への造詣も深く、ドリフトマスターズ・ヨーロッパ選手権にもスポット参戦しています。

 今大会で横浜ゴムは、ドライグリップ、コントロール性、耐摩耗性能を高次元でバランスよく備えた「最強」(同社)のストリートスポーツタイヤ「ADVAN NEOVA AD09(アドバン・ネオバ・エーディー・ゼロキュウ)」とスポーツ系アルミホイール「ADVAN Racing RS-DF Progressive(アドバン・レーシング・アールエスディーエフ・プログレッシブ)」を、ロバンペラ選手に供給しました。

 ロバンペラ選手は、チーム「KR69 CUSCO Racing」から「Red Bull GR カローラ」で参戦。単独走行の採点によって競われる予選では97点の高得点で1位通過し、決勝トーナメントではアグレッシブかつスムーズな走りと緻密なコントロールを見せ、順調に勝ち上がり、優勝を果たしました。横浜ゴムは若き天才ドライバーとして世界中から注目を集める同選手の優勝を「ADVAN」のハイパフォーマンス性で足元から支えたとのことです。

 なお、「2023 FORMULA DRIFT JAPAN」の第1戦では「ADVAN」装着車を駆る箕輪大也選手が13歳の若さで優勝しており、FDJ初参戦にして優勝を果たしたロバンペラ選手と合わせ、2戦連続で「ADVAN」装着車が優勝したとのことです。

【画像】横浜ゴムのタイヤとホイールを装着し、ドリフト走行を披露する「Red Bull GR COROLLA」を見る(7枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー