新型「正統派セダン」2023年秋登場! トヨタ勢が注力する「ショーファーカー」ってナニ? 「後席快適性」は重要だけど… 現代に求められる要素とは

近年、トヨタやレクサスが力を入れている「ショーファーカー」。一般的には、後部座席にオーナーが乗る高級車を指しますが、時代の変化とともにその意味も変わりつつあるようです。

ショーファーカーを拡充するトヨタ/レクサス

 オーナーが後部座席に乗車することを主目的としたクルマを「ショーファーカー」と呼びます。
 
 近年、トヨタやレクサスが力を入れているショーファーカーですが、いまの時代に求められるものとは、どのような要素なのでしょうか。

トヨタはショーファー需要に対応する「正統派セダン」として新型「クラウンセダン」を2023年秋に発売する
トヨタはショーファー需要に対応する「正統派セダン」として新型「クラウンセダン」を2023年秋に発売する

「ショーファー(chauffer)」とは、フランス語で「暖める」という意味を持ちますが、狭義では蒸気機関車や蒸気船などにおいて、機関部の始動や運転を行なう人のことを指します。

 かつてのクルマはエンジンを始動する際に機関部を暖める必要がありましたが、クルマを所有することのできる富裕層の多くは、それを専門の使用人に任せていました。

 多くの場合、その使用人は運転手も兼ねていましたが、機関部をあつかうというその役割が蒸気機関車などにおけるショーファーと類似していたことから、クルマにおいてもその名称が用いられるようになり、いつしかお抱え運転手のことを「ショーファー」と呼ぶようになったようです。

 ショーファーカーの代表的な例としては、トヨタ「センチュリー」やロールス・ロイス「ファントム」、メルセデス・マイバッハ「Sクラス」などが挙げられます。

 これらはいずれも車両価格が数千万円におよぶ超高級車であり、大型のセダンであるという共通点があります。

 一方、近年ではSUVやミニバンをベースにしたショーファーカーも多く見られるようになってきました。

 特に、近年の日本においては、トヨタ「アルファード」がその役割を担っており、「ショーファーカー=セダン」という図式は崩れつつあります。

 そうしたなか、近年ショーファーカーに特に力を入れているのが、トヨタとレクサスです。

 以前から存在するモデルとして前述のセンチュリー、レクサス「LS」、「LX(EXECUTIVE)」といったセダン、昨今ではショーファーカーとして使う人も増えてきたトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」が挙げられます。

 また2023年には、トヨタから新型「クラウンセダン」、そしてレクサスから新型「LM」が登場することが明らかになっています。

 さらに次期型アルファード/ヴェルファイアがまもなく登場するという話や、センチュリーSUVというモデルの登場も噂されるなど、ショーファーカーに力を入れている様子が伺え、トヨタ/レクサスは世界で最もショーファーカーの選択肢が多いブランドのひとつとなります。

 ただ、こうした状況において、そもそもショーファーカーとは何であるかを問う声も聞かれます。

【画像】これは超高級!? トヨタ「センチュリーミニバン」が凄い! 驚きの写真を見る(52枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2 3

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. セダンっていうよりほぼほぼハッチバックみたいですね。
    これなら普通に大きくリアガラス部からがばっと大きく開いてくれた方がいいなぁ

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー