マイナンバーカード所持しないと「免許不携帯」になる? 24年度末に「一体化」で何が変わる? 気になるメリット/デメリットとは

一体化で見た目は何が変わるのか?

 一体化の方法については、警察庁が過去に公表した説明資料の中でマイナンバーカードのICチップに運転免許証の情報を組み込むイメージとされています。

 具体的には運転免許証の交付年月日、有効期間、免許の種別、免許番号などがマイナンバーカードのICチップ内に搭載され、それらの情報は外観上見えなくなる予定です。

 この一体化に対してはSNS上で「運転免許証や保険証、マイナンバーカードなどあらゆるカードがかさばるので1枚にまとめてくれてありがたい」と歓迎する声がある一方、「警察が切符を切るときはどうやって免許の情報を確認するんだろう?」、「一体化したマイナンバーカードを家に忘れて運転したら免許不携帯になるのかな?」といった疑問の声もあがっています。

「マイナンバーカード」と「運転免許証」を統合するメリットは?
「マイナンバーカード」と「運転免許証」を統合するメリットは?

 前述の説明資料では交通違反の取り締まりに関して、携帯端末を使って交通反則切符を自動作成する旨が掲載されており、詳細は明らかになっていなません。

 しかし、警視庁で運用されているタブレット型の「交通携帯端末(TAP)」など警察の機器でマイナンバーカードのICチップ内の免許情報を読み取り、それをもとに交通反則切符を作成するものとみられます。

 また、道路交通法の改正により運転免許証と一体化したマイナンバーカードは免許証とみなされるため、クルマの運転中に携帯していないと免許証不携帯に該当するといえるでしょう。

※ ※ ※

 政府は2024年度末からマイナンバーカードと運転免許証の一体化を進める方針です。

 2023年4月現在、運転免許証が廃止される予定はなく、マイナンバーカードとの一体化はあくまで希望した人がおこなうというスタンスになっています。

 しかし今後、方針が変更される可能性も考えられるため政府の動向を注視していくことが大切といえます。

【画像】ぜんぜん違う!「水色」と「ピンク」の免許証を比較する(14枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

9件のコメント

  1. >マイナンバーカード所持しないと「免許不携帯」になる?
     
    一体化して免許証が廃止になったら、マイナカードを忘れたまま運転したら、免許不携帯になるには当たり前の事です。

    まだ決まってもいないのに、現在の想像で煽るような記事を書いてはいけないと思います。
     
    現在、マイナカードの発行は任意のままです。
    保険証と同じようにマイナカードを持たない(持てない)人には、それなりの対応をする必要があります。
     
    それは、すべてマイナカードについてハッキリさせる事ができない政府の責任です。
     

    • ”「自称」元警察官”だからな、今までに記事を見れば解る。
      解った風なことを書いて居るが、
      結局言いたいことは解らない受け売り的な記事の羅列ばかり、
      これだってそうだ スカスカな内容な記事だ。

  2. 免許とマイナンバーカードを一体化したら更新時期が分からなくなる人が増えるね。
    ついでに車検証も一体化すれば良いのに。今の中途半端な変更より一体化のほうがよりスッキリするのに。

  3. いままでの身分証明には個人情報カード・運転免許証・パスポート・保険証・・・いろいろ選択肢があったが将来は全部一緒になって個人情報カードだけになるのか。
    保険証は廃止が決まっている。運転免許証もなくなるのかな。外国には行かなくてもいいし。
    個人情報カードは任意取得だから、持たないひとは身分証明書を提示しなくてもいいことになるのね。
    IT化が進むと、ドンドン不便な世の中になっていくわけだね。

    • 免許番号を聞かれても困るし、本籍表示も廃止されてから現実でも町名がなくなり本籍の住所を覚えていません。
      ほんと、お役所のすることは面倒がつきまといます。違うことにリソースを避けば良いのに無駄が大好きなようです。

  4. 紛らわしい記事のタイトルですね。まるでマイナカードと一体化が強制で、所持しないと違反になるみたいな書き方。最後で強制ではないと書いてるけど完全に釣りですね。
    一体化したらそりゃ持ってないと免許不携帯でしょうに。当たり前のことを書かれてもしょうがないでしょ。一体化に関してのメリットはまるで感じていませんので。住所変更については普通に近くの本署に言って裏に書いてもらえば良いだけでしょ。引っ越したら役所に行くのは普通だし、手間って言うほどの手間はないですね。
    そもそも車に乗ってる人ですから、距離なんてあまり意味ないですよ。
    一体化で便利になる人は免許持ってて車持ってない人だけという気がします。

  5. 国民の健康、行動の自由、本来行政サービスとして行われて当然なものを紐付け、締め付け「便利であるかの如く」装い促すのは危険である。
    何故、免許証ではいけない?!
    何故保険証では悪い?!
    こんな危機感を煽るような下らん記事。
    内容のペラッペラな釣りの記事。
    政府に書かされているのが見え隠れ。

  6. 反対です。
    みもとかくにんできんくなるよね。
    だから選択にして。

  7. 平素くるまのニュースさんの記事はドライバー目線でも参考になるのでわりと頼りにしているんだが、今回の記事は物足りなかった。

    制度やマイナ保険証の背景にも触れているのは良かったが、他の人も書いているように一体化したマイナ免許証というよりマイナカード自体を所持し忘れれば不携帯になることは当たり前なので誰でも判る。

    私個人が興味以上に懸念しているのは、マイナ保険証同様入力ミスや紐づけ不完全だったり、警察なので多少厳格にやるだろうが他人の情報が紐づけられていた場合、チップ側の破損や携帯端末の読み取りエラー等で照会が取れず免許情報や本人確認ができなかった場合の取り扱いがどうなるか、この辺が気になっている。

    これで免許不携帯とみなされ違反切符を切られることは不条理だから無いかも知れないが、券面に免許情報がないのだから逆に言えば紐づけているかどうかさえも分からない。紐づけてない人が免許を家に忘れてもマイナカードを提示し「はい、これです」と提示する可能性もないとは言えない。 
    こうしたことが起こるとすれば保険証と同じく、少なくとも導入後1年ぐらいが特に多いと考えられるが、数年間免許を警官に提示する機会がないことも普通にある。

    紐づけ状況はマイナポータルでも確認できるだろうが、高齢者等を中心に閲覧確認しない人も多い。一般人でもこういう懸念を想定する。マイナ保険証でも同様に懸念していたが、政府はものの見事に現場で起こり得る事象への事前対策どころか想定すらしてなかったことは今日の状況からも判る。

    私個人の希望なのかもしれないが、こうした現場実務レベルでの取り扱い情報が知れると、他の読者にとっても有意義なのではないだろうか。

    利便性に賛否はあるが、免許資格確認は保険証同様、急場では特に重要な根幹部分だ。照会ができない場合は住所・氏名・生年月日で照会を取るかもしれないが、必ず手間取られる。後日確認対応となってもこちらが警察署等に出向いたりするのか。保険証の状況から見て政府はおそらくそんな予後想定もしていないかもしれない。新規導入でも利用にあたっても普通はこういう視点を持つんじゃないだろうかね。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー