ボルボ“SUV姉妹”出力&トルク増強!「C40/XC40リチャージ」駆動系刷新と新色追加で新価格に

ボルボがEVの「C40リチャージ」「XC40リチャージ」の仕様と価格を変更し、予約受注を開始しました。駆動系やグレードなどに大きな変更が加えられています。

シングルモーターモデルのみに

 ボルボ・カー・ジャパンは2023年3月8日、クロスオーバーSUV「C40リチャージ」とコンパクトSUV「XC40リチャージ」の仕様と価格を変更し、オンラインで予約受注を始めました。

ボルボのクロスオーバーSUV「C40リチャージ」
ボルボのクロスオーバーSUV「C40リチャージ」

 C40リチャージとXC40リチャージは、いずれもEV(電気自動車)です。

 2021年11月発表のC40リチャージは、「XC40」から採用を開始したCMAプラットフォームをベースにしたモデルで、ボルボ初のEV専用モデルとして設計されています。

 もう一方のXC40リチャージは、XC40のEV版です。XC40は扱いやすいサイズや、カジュアルでスポーティなスタイリングと走行フィールなどが人気を集め、デビュー以来、日本におけるボルボのベストセラーとなっています。

 XC40リチャージもCMAプラットフォームをベースとしていますが、EV向けにフロントセクションやフロア構造を変更。外観も、新デザインのフロントフェイスやホイールとし、全車でブラックルーフ仕様としています。

 このXC40リチャージは、C40リチャージに続くボルボにとって日本で2番目のEVモデルです。

 今回の全車共通の仕様変更としては、C40リチャージ・XC40リチャージのいずれも、モーターの出力とトルクを向上させ、バッテリーの容量を拡大する一方で、リア(後輪)を駆動するシングルモーターモデルに変更しています。

 モーターの最高出力は従来の170kWから約3%増の175kW(約238馬力・国土交通省申請値)、最大トルクは従来の330Nmから約27%増の420Nm(同)です。

 駆動用リチウムイオンバッテリーの容量は、従来の69kWhから約5%拡大した73kWhとしています。日本仕様の1充電走行距離(WLTCモード)の数値は未定です。

 また、前方に車両が検出されないときにコースティング走行を可能にするオートモードを、ワンペダルドライブに追加。さらに、新外装色「クラウドブルー」「ヴェイパーグレー」も追加しています。

 グレードは、ピクセルLEDヘッドライトや20インチアルミホイール、プレミアムサウンドオーディオシステムなどを標準装備する「Ultimate」と、ベースグレード「Plus」の2つです。

 Plusは、「エアピュリファイヤー(PM2.5センサー付)」を標準装備するほか、新デザイン19インチ5スポークアルミホイール(ダイヤモンドカット/ブラック)を採用します。

 C40リチャージの価格(消費税込み)は、従来モデルの「Twin」が699万円でしたが、新仕様は「Plus Single Motor」が699万円、「Ultimate Single Motor」が739万円に。

 XC40リチャージは、従来モデルの「Twin Motor」が679万円、「Single Motor」が579万円でしたが、新仕様は「Plus Single Motor」が679万円、「Ultimate Single Motor」が719万円です。

 いずれも納車は2023年夏に予定されています。

ボルボ・XC40 のカタログ情報を見る

【画像】精悍イケメン! シュッとした顔つきの「C40/XC40リチャージ」の外観・車内を画像で見る(25枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー