新型「ワーゲンバス」日本発売へ VW「ID. Buzz」を2024年末以降に導入 VW日本導入70周年を記念

フォルクスワーゲンジャパンは2023年3月9日、新型EVの「ID. Buzz」を国内市場へ導入することを発表しました。

現代に蘇った「ワーゲンバス」が日本発売決定!

 フォルクスワーゲンジャパンは、新型EVの「ID. Buzz(以下IDバズ)」の国内導入を2023年3月9日に発表しました。
 
 IDバズの発売は2024年末以降を予定しています。

「ワーゲンバス」が復活! VW新型「ID.Buzz(ID.バズ)」
「ワーゲンバス」が復活! VW新型「ID.Buzz(ID.バズ)」

 フォルクスワーゲン(以下VW)は、2050年までにCO2の排出を実質ゼロにするという目標に対して、2019年に発表したEV「ID.3」を皮切りにEVのラインナップを順次増やしています。

 日本においても2022年11月にSUVタイプのフルEV「ID.4」を発売。2023年はVW車の日本導入が70周年を迎えるにあたり、「ゴルフ」などの特別仕様車を発売するほか、2024年にIDバズが新たに導入されることとなります。

 IDバズは2017年のデトロイトショーでコンセプトカーが初公開され、市販モデルは2022年3月に発表されています。欧州では初となるフルEVのMPV(マルチパーパスビークル)となり、同年5月から先行受注を開始しました。

 デザインは、1950年代から量産され、日本でも「ワーゲンバス」という愛称で親しまれているVW「タイプ2」のエッセンスを取り込み、次世代のEVとしてVWブランドのイメージメーカーとしての役割を持つと言います。

 ボディサイズは全長4712mm×全幅1985mm×全高1937mm、ホイールベースは2988mmとなり、VWグループのEV向けプラットフォーム「MEB」を採用するクルマとして最長のホイールベースを持ちます。

 極端に短いオーバーハングや、2トーンカラーで上下分割されたスタイルなど、ワーゲンバスの特徴をそのまま受け継いたデザインが特徴です。

 一方で、空気抵抗を抑えて空力に配慮したほか、前後のランプを横長のLEDランプとすることで、タイプ2の面影を残しつつ、電力消費を抑えています。

 インテリアは高さのあるシートを採用し、快適な座り心地を実現したほか、5名フル乗車時でも最大1121リッターの荷室スペースを確保。各部のトリムには動物由来のレザーではなく、再生ペットボトルやプラスチックを使用しています。

 パワートレインはリアに150kW電動モーターを搭載。バッテリー容量は77kW/hとなり、欧州仕様車の一充電走行可能距離はIDバズで約421km(WLTPモード)となっています。

※ ※ ※

 なお、実際に日本に導入される仕様について、詳細なスペックや価格は明らかにされていませんが、今後発売が近づくにつれて発表されるものと考えられます。

【画像】まさかの「ワーゲンバス」復活! 超ポップなデザインのVW新型「ID.Buzz」を画像で見る(26枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー