スバル最大3列SUV「アセント」“安全なクルマ”として評価! 計5車種が米IIHSで好成績を獲得

5車種のスバル車が、米国で実施された米国道路安全保険協会(IIHS)の安全性評価において好成績を収めました。

TSP+の累計獲得数は米国内ブランドではスバルが最多

 スバルは2023年3月8日、同社が米国で販売している2023年モデルが、米国道路安全保険協会(IIHS)によって行われた2023年安全性評価において3つの「トップセイフティピックプラス(TSP+)」と2つの「トップセイフティピック(TSP)」を獲得したと発表しました。
 

2023 トップセイフティピックプラス(TSP+)を獲得したスバル「アセント」
2023 トップセイフティピックプラス(TSP+)を獲得したスバル「アセント」

 IIHSは、2023年の評価よりTSPおよびTSP+の評価基準を厳格化しており、側面衝突試験、歩行者前面衝突予防性能試験、ヘッドライト性能試験において新基準を採用。

 もっとも大きな変更点として、2021年から導入している新側面衝突試験における衝突時エネルギーが従来試験から82%増加しました。

 TSPを獲得するには、新試験において「Good」もしくは「Acceptable」の獲得、TSP+を獲得するには「Good」の獲得が求められます。

 そのほかにもTSP+獲得基準として、新たに夜間の歩行者前面衝突予防性能試験が設定され、新基準では日中および夜間の両条件において、「Advanced」もしくは「Superior」の獲得が求められます。

 また、TSPを獲得するには、日中条件のみにおいて「Advanced」もしくは「Superior」の獲得が求められます。

 今回、2023 トップセイフティピックプラス(TSP+)を獲得したのは「アセント」と「アウトバック」「ソルテラ」の3車種。アセントは6年連続でTSP+を獲得、アウトバック15年連続でTSP以上を獲得、さらにソルテラ(2022年11月以降生産車)はTSP+を初めて獲得するなど、安全なクルマとして評価されました。

 また、「レガシィ」「フォレスター」は2023 トップセイフティピック(TSP)を獲得。レガシィは18年連続、フォレスターは17年連続でTSP以上となっています。

 なお、TSPの要件をさらに強化したTSP+が2013年に導入されて以降、スバルが獲得したTSP+の累計は69となり、これは米国内ブランド別の累計獲得数として最多を誇るといいます。

【画像】全長約5mでスバル最大! 3列シートSUV「アセント」豪華な内外装の画像を見る!(40枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー