アンダー200万円! ホンダ新型「シティ」正式発売! 6MT搭載し爆走「スポーティセダン」として印で登場

2023年3月2日、ホンダのインド法人であるホンダカーズインディア・リミテッドは新型「シティ」を発表し、同時に発売を開始しました。日本でも馴染みの深い車名のシティですが、一体どのようなモデルとなったのでしょうか。

ホンダ新型「シティ」ついに発売! どんなモデルになった?

 ホンダのインド法人であるホンダカーズインディア・リミテッドは、現地時間で2023年3月2日に新型「シティ」を発表し同時に発売を開始しました。
 
 この新型シティは、ホンダの最新ハイブリッドシステム「e:HEV」や、先進運転支援技術「ホンダ・センシング」を搭載した、安全性が高く環境も優しいセダンとなっているそうです。

ついに正式発表されたホンダ新型「シティ」
ついに正式発表されたホンダ新型「シティ」

 インド市場においては、2022年に5代目モデルとなるセダンタイプのシティが発売されています。今回発売された新型シティは、この5代目モデルにマイナーチェンジをおこなったモデルですが、デザインや装備を見直したことでその印象は大きく変わっています。

 エクステリアでは、ダイヤモンドチェッカーフラッグパターンを取り入れた新デザインのフロントグリルや、カーボンロアモールとカーボンラップディフューザーを採用した前後バンパー、ダイヤモンドカットを施した16インチアルミホイールを装備。さらに、新たなボディカラー「オブシディアン ブルー パール」追加ししたことで、よりスポーティでスタイリッシュなスタイルを実現しました。

 インテリアは豪華で高級感のある広々としたキャビンを備え、ガソリン車にはベージュとブラックのツートーン内装が、e:HEV車には豪華なアイボリーとブラックのツートーン内装が用意されました。

 さらにAndroid AutoとApple CarPlay、ワイヤレス充電器、PM2.5を除去するエアフィルターを導入したエアコンを備えたことで、利便性と快適性も高まっています。

 ガソリン車にはホンダ・センシングが標準搭載され、e:HEV車にはさらに低速追従機能が追加されたアダプティブクルーズコントロール機能が搭載されます。これにより、低速や停車時に先行車との安全な車間距離を維持することが可能です。

 パワーユニットは、ガソリン車には最高出力121馬力・145Nmの最大トルクを発揮する1.5リッターエンジンを搭載し、トランスミッションに6速MTとCVTを組み合わせています。

 e:HEV車にはホンダ独自の高効率2モーターe-CVTハイブリッドシステム搭載し、1.5リッターエンジンとe-CVTを組み合わせることで、最高出力126馬力のシステム総合最大出力と253Nmの最大トルクを生み出します。

 燃費はガソリン車の6MTモデルが17.8km/L、CVTモデルが18.4Km/L。e:HEV車は全車e-CVTモデルで、27.13Km/Lの優れた燃料効率を達成しています。

 新型シティのボディカラーは、ガソリン車・e:HEV車ともに、新色の「オブシディアンブルーパール」「ラディアントレッドメタリック」「プラチナホワイトパール」「モダンスティールメタリック」「ルナシルバーメタリック」「ゴールデンブラウンメタリック」の6色から選択が可能です。

 ガソリン車の価格は、6MTを搭載したSVグレードの114万9000ルピー(約190万円)から、CVTを搭載したZXグレード159万7000ルピー(約265万円)まで。

 e:HEV車の価格は、全車e-CVTのみで188万9000ルピー(約313万円)から203万9000ルピー(約338万円)です。

 ホンダカーズインディア・リミテッドの社長兼CEOである津村拓哉氏は、新しいシティの発売について次のようにコメントしています。

「シティは当社のビジネスの最も重要な柱であり、インドの中型セダンセグメントにて25年間に渡る輝かしい成功を収めてきました。今回、よりスポーティな新しい外観と高度な安全性、利便性の高められた新型シティを紹介できることを嬉しく思います」

ホンダ・シティのカタログ情報を見る

【画像】超カッコイイ! ついに公開されたホンダ新型「シティ」を画像で見る(154枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

18件のコメント

  1. 写真撮り方下手クソですね。
    アップの前に先ず全体を撮らないと。

    • 情報公開に縛りがあると今回みたいな感じになる事は多いよ。

    • 記事を読ませたいから、あえてへんなアングルで撮ってるのかと私は思いました。

  2. これのどこが超かっこいいの?
    めちゃくちゃ普通すぎてつまらない!
    ホンダは技術はあるけど営業とデザイナーが悪すぎる!

    • まあデザインなんて好みだろ
      俺は好きじゃない

  3. 今時の変な形したヘッドライトに見慣れてくると、これくらいでもなんだか安心して見れる顔になるなぁ。

    • ソリッドウイングフェイスはやめてなかったのか。

  4. ホンダ! ホンダ! ホンダ! ホンダ♪

  5. これ、シティ?
    オヤジ世代から言えばフェリオだよね!
    大きいなり過ぎ。
    どうせならばトゥデイという名のかつてのシティクラスつくれ!

  6. 新型ノートか何かのOEMかと思った。

  7. これってグレイスとかいう車じゃないですか?

  8. 昔、プレリュードは200万前後でした。
    今時、200万で買える普通車なんて日本ではあまりないので羨ましい限りです。

  9. 日本国内を重視しないから益々売れずに存在感が低下するのに。゚(゚´ω`゚)゚。

  10. 最近は海外専売モデルのニュースばかり。
    ということは、日本販売車に魅力的なものがない(記事にしてもつまらない)ものばかりというニンシキデいいのでしょうか?

  11. なんかめっちゃグレイスみたい、、笑
    でもハッチバックRSは普通に欲しいな、でもリアがアウディみたい。個人的にはあんまりだなぁ

  12. モトコンポも復活させてほしい

  13. アジア生産車両、日本の基準に適合させると値段が跳ね上がるんで、正規販売しても250万〜だろうし日本じゃ売れないな。

    日本・アジア対応のグローバルモデルとして売り出したグレイスがどっちの国でも鳴かず飛ばずだったこと考えると、日本で売る理由がない。
    日本の基準をアジアに合わせたらその値段で売れるだろうが、そうすると日本で販売してる車を欧米で売れなくなる。

  14. 日本で販売されないモデルを記事にする意味ってありますか?
    誰もこんな記事は求めてないかと…

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー