1000万円超えの新型「最上級SUV」登場! 「ペットボトル再利用」のシートを装備するアウディ「Q8 e-tron」発表 クーペボディも設定

アウディジャパンはフラッグシップSUVの「Q8 e-tron」およびクーペSUVの「Q8 Sportback e-tron」を発表しました。発売は2023年夏以降を予定しています。

アウディの最上級SUVに新型モデル登場!

 アウディジャパンは2023年3月1日、フラッグシップSUVの新型「Q8 e-tron」、フラッグシップクーペSUVの「Q8 Sportback e-tron」を発表しました。
 

「e-tron」が「Q8」の名前を冠して新登場
「e-tron」が「Q8」の名前を冠して新登場

 今回発表された新型Q8 e-tron・Q8 Sportback e-tronは、2019年に初登場したフラッグシップSUV「Q8」のEVモデルとなり、さらに2020年に日本市場で展開されるアウディでは初となるEV「e-tron Sportback」の後継車です。

 エクステリアはQ8 e-tron・Q8 Sportback e-tronの両モデルとも、アウディのEVシリーズである「e-tron」モデルに共通するシングルフレームグリルとブラックアウトされた新デザインをフロントに採用。

 さらに、2次元デザインとなった「フォーリングス」エンブレムや、Bピラーのモデル名表記がなされています。

 パワートレインはQ8 e-tron・Q8 Sportback e-tronとも、300kW(約402馬力)の電気モーター2基に総容量114kWhのバッテリーを組み合わせるグレード「55」を設定し、WLTCモードでは先代モデルよりも78km向上。一充電走行距離501kmを達成したといいます。

 また、Q8 e-tronには出力250kW(約335馬力)のモーター2基と総容量95kWhのバッテリーを搭載し、WLTCモードで424kmの走行が可能な「50」グレードも用意されます。

 50と55の両グレードともに、バッテリーの総容量に対し、使用可能なエネルギー容量を増加させ、空力性能やモーターの効率をアップさせたことで走行可能距離を延長。

 さらに55グレードでは、従来のバッテリー製造工程で生まれる電極材の隙間を極力なくし、バッテリー寸法やモジュール数を変更せずに密度の向上が可能になったことで、バッテリー容量が増加しました。

 充電性能では、両グレードとも150kWまでの急速充電に対応し、アウディ・ポルシェ・フォルクスワーゲンの充電器と共通化することで、それぞれの販売店で充電が可能です。

 インテリアにはペットボトル由来のリサイクル原料など使用した「ダイナミカ」製シートに加え、アウディでは初となるクルマのプラスチック廃棄物を再利用したシートベルトバックルカバーを新たに採用。

 これらの素材を使用することで資源の量を削減し、効率的かつ持続可能な循環型社会の実現を目指すと説明します。

 価格(消費税込)は新型Q8 e-tronが1099万円から、Q8 Sportback e-tronが1317万円となり、発売は2023年夏以降を予定しています。

アウディ・Q8 のカタログ情報を見る

【画像】新エンブレム採用! アウディの新型最高級SUV「Q8 e-tron」を画像で見る(27枚)

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント