MT設定あり! 11年ぶり全面刷新の「レトロ顔5ドアハッチ」登場に賛否! 300万円超え新型「ビュート」はトヨタ「ヤリス」ベース?

2023年2月17日、光岡は「Viewt(ビュート)」の後継モデルとなる新型「Viewt story(ビュート ストーリー)」を発表しました。レトロでカワイイデザインの5ドアハッチバックモデルですが、このクルマについてさまざまな意見がSNSなどで展開されています。

トヨタ車ベースの新型「ビュート」誕生に賛否!

 2023年2月17日、光岡は「Viewt(ビュート)」の後継モデルとなる新型「Viewt story(ビュート ストーリー)」を発表しました。

 長年日産「マーチ」をベースとしてきたビュートですが、ベース車両の生産終了を受け、新たにトヨタ車をベースとした新型モデルとなりました。このクルマについてSNSなどではさまざまな声が集まっています。

レトロ顔がカワイイ! 光岡新型「ビュート ストーリー」を初公開!
レトロ顔がカワイイ! 光岡新型「ビュート ストーリー」を初公開!

 ビュートは、英国車風のデザインで親しまれてきたコンパクトカー。その初代モデルは1993年に登場し、以降3世代に渡り累計1万3000台を販売してきました。

 登場から30周年を迎えた2023年、シリーズ4代目の後継、新型ビュート ストーリー(以下新型ビュート)が発表されました。

新型モデルはビュートで初めてトヨタ車をベースとなりましたが、先代同様に、ミツオカのDNAとも言えるクラフトマンたちによって手造りで生産されるクルマだといいます。

 エクステリアでは、輝く瞳のような丸型ヘッドランプやハート型のグリルなど、これまでのビュートシリーズのレトロで愛らしいデザインを継承しつつも、先進安全装置を充実させ、中身を進化。

 インテリアは、インパネとシートが同色となるオプションが設定され、シートは8色から選べるレザーシートを採用されるなど、おしゃれな仕上がりとしました。

 ボディサイズは、全長4090mm×全幅1695mm×全高1500mm-1515mm。パワートレインは、1.0リッター直列3気筒エンジン、1.5リッター直列3気筒エンジン、1.5リッター直列3気筒エンジン+モーターのハイブリッドの3種類から選択が可能です。

 トランスミッションは、1.0リッターエンジン搭載モデルではCVT、1.5リッターエンジン搭載モデルではCVTもしくは6速MT、1.5リッター直列3気筒エンジン+モーターのハイブリッドモデルでは、ECVTが組み合わされます。また、駆動方式は2WD/4WDが選択可能です。

 価格は、308万円からとなっています。

※ ※ ※

 トヨタ車ベースのレトロで愛らしい新型ビュートについて、さまざまなコメントが集まっています。

 一番多く見られるのは、「MTがあるのか!」「MT選べるのいい」など6速MTのグレードを設定したことに対する賞賛の声です。

 また、「これはトヨタ『ヤリス』ベースか」などボディ形状や内装から早速ベース車両を看破する人もいるばかりか、「リアライトはキャストの流用か」という声もみられます。

 さらに、「リアがアルファロメオ『MITO』に似ている」といった声もあり、英国風に作られてきたビュートが、イタリアンな雰囲気を持ったという意見もあるようです。

 一方、「300万円スタートはちょっと高いかな」「マーチベースの方が好きだった」など、過去モデルの方が良かったという意見もあります。

※ ※ ※

 新型ビュートについてさまざまなコメントが集まりましたが、なかには「GR仕様も出る?」など、ベース車がヤリスであることから、スポーツグレードであるGR版も出たら面白いという声も少なからずありました。

 現在予約受付が開始された新型ビュート。発売は2023年秋を予定しています。

光岡・ビュート のカタログ情報を見る

【画像】レトロ顔のトヨタ「ヤリス」? 光岡新型「ビュート ストーリー」の内外装を画像で見る(72枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー