マツダ新型「最上級SUV」世界初公開へ 「直6ガソリンエンジン採用」に歓喜の声!? 新型「CX-90」の“焦らし”投稿にSNSの声は

北米マツダは2023年1月17日、新型SUV「CX-90」のティザー画像を公開し、正式発表のタイミングについても明らかにしました。SNSではさまざまな意見が投稿されています。

マツダのフラッグシップSUV「CX-90」 SNSでは歓喜の声も

 マツダノースアメリカン(北米マツダ)は2023年1月17日、新型SUV「CX-90」のティザー画像を公開し、1月31日に正式発表することをアナウンスしました(いずれも現地時刻)。
 
 これについてSNSではユーザーからさまざまな意見が投稿されています。

まもなく世界初公開のマツダ新型SUV「CX-60」
まもなく世界初公開のマツダ新型SUV「CX-60」

 新型CX-90は、2021年10月7日にマツダが発表した「2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画」において、日本・欧州向けの「CX-60」「CX-80」と北米市場向けの「CX-70」とともにラインナップに追加されることが明らかになったSUVです。

 現在マツダが展開するラインナップのなかでは全長・全幅がもっとも大きくなり、3列シートを備えることが特徴で、大きなボディや存在感が求められる北米などの市場に導入される予定です。

 2023年1月12日と13日にはティザー動画が公開され、13日の動画では俳優の真田広之さんが登場。新型CX-90の各パーツを箱から「開封」するというユニークな内容となっています。

 そして、1月17日にはさらに詳細な情報と新たな予告画像を公開。マツダの量産ガソリンエンジン史上最大出力となる340馬力・369lbftを誇る3.3リッター直列6気筒ガソリンターボエンジンが搭載されることを明かしました。

 この直列6気筒エンジンは、マツダの大型車用プラットフォームであるリアバイアス全輪駆動レイアウト向けに特別に開発され、パフォーマンス重視の走りをサポート。

 加えてマイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで、高効率化を図り性能を損なわずに、魅力的な走りと心地良いエンジンサウンドを実現するといいます。

 また、「MX-5ミアータ(日本名:ロードスター)」で初採用した高速コーナリング時に安定した姿勢を維持するキネマティックポスチャーコントロールを新型CX-90の全車に標準装備します。

 そして1月20日にも新しいティザー動画を公開。走行性能の高さをアピールする内容とともにデザインの一部も披露しました。

 新型CX-90は2023年1月31日に世界初公開される予定ですが、SNSではさまざまな意見が投稿されています。

「340馬力…流石はマツダ」「CX90すごい! 直6ターボって良いね~」「EV化の時代に、まさかの直6新規開発とは素晴らしいです」「直6ターボFRベースAWDってエグすぎw」など、これまで国産スポーツカーなどにも多数採用され、ハイパワーかつ振動が少なくスムーズな吹け上がりが特徴の直列6気筒ガソリンターボエンジン採用を喜ぶ声が多く上がっています。

 また、出力や後輪駆動をベースとした4WDシステムを組み合わせることで、動力性能の高さに振ったパッケージングに称賛する意見もありました。

 さらに、「CX-80もこの仕様用意してくれや…」「頼む、後はこれをかっこいいセダンがクーペに積んでくれ!」「これ。日本向けの60もしくは80にいれて欲しいな。」など、すでに販売されているCX-60や、日本や欧州で導入を予定しているCX-80にも同じ仕様を求める声や、このパワートレインを使ったSUV以外の新型車を登場させてほしいと願うユーザーもいるようです。

 一方で、「CX-90に3.3リッターターボで340馬力。何ともいえないなー」「日本には入れてくれないんでしょ〜?」「CX-90って日本国内ではCX-8があるし、出ないんでしょ?」と、日本には導入されないことを残念がる意見も。

 さらには、真田広之さんが出演していることについて「CX-90と真田広之の組み合わせカッコ良すぎ…」「真田広之さんのCX-90の動画。めちゃくちゃかっこいい!!」と、動画の雰囲気や演出について良かったとする感想も投稿されています。

※ ※ ※

 新型CX-90について、具体的な仕様や価格、北米以外の導入市場についてはまだ公表されていません。

 1月31日の世界初公開まで、注目が外せない存在となっています。

【画像】マツダの「焦らし」にSNSも興奮!? 直6ガソリンターボの最上級SUV「CX-90」チラ見せの様子を画像でチェック(26枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント