まるでログハウス!? 山小屋風オシャな「リアルウッド車中泊軽」 ヒノキ香る「クオッカ」とはどんなクルマ?

ミシマダイハツは、富士ひのきを使用した山小屋のような軽キャンパー「クオッカ」を東京オートサロン2023に出展しました。一体どんなクルマなのでしょうか。

まるでログハウスのような軽キャンパー「クオッカ」とは

 静岡県にあるミシマダイハツは、2023年1月13日から15日に千葉・幕張メッセで開催された「東京オートサロン2023」に軽キャンパー「Quokka(クオッカ)」を出展しました。
 
 どういった特徴があるのでしょうか。

ヒノキ香る軽キャンパー「クオッカ」とは?(画像は東京オートサロン2023)
ヒノキ香る軽キャンパー「クオッカ」とは?(画像は東京オートサロン2023)

 ミシマダイハツのクオッカシリーズは、ダイハツのハイゼットトラック「パネルバン」をベースに製作されています。

 ちなみに、車種名は世界一幸せな動物といわれているオーストラリアに生息するカンガルー科のクオッカから名付けられ、いつも一緒にいてもらえる相棒になってほしいという思いが込められています。

 東京オートサロン2023で展示されたクオッカは、カーキ色のボディカラーを身にまとっており、室内には本物の木材が用いられたログハウス風の空間となっています。

 木材には富士山周辺で育った静岡産「富士ひのき」が用いられており、室内ではひのきの香りも漂います。

 富士ひのきは、柱1本でビール瓶2本から3本の湿気を吸ったり吐いたりするため、車内の湿度・温度を調整してくれるといいます。

 使うほど飴色に色が変化するので、使っていくなかでできた傷や汚れも風合いとして楽しむことができます。

 装備にはトランスフォーメーションボックス大小4つが搭載されており、使用用途に応じてベッドや収納、ひじ掛けなどで利用することが可能。

 このほか、窓柱の左右ピラーには電装スイッチなどの電気関係が装着されていたり、運転席後ろにはDCソケット、USBコンセントが装備されています。

 オプションには、ひのきのぬくもりが感じられる雰囲気にマッチした電子レンジや、冷蔵庫などがラインナップ。なお外装色も変更可能で、標準カラーは白となっています。

※ ※ ※

 今回展示されていたクオッカについて、担当者は以下のように話します。

「クオッカは富士ひのきを使用していて、まるで山小屋にいるような気分を味わえる1台です。ひのきの香りもしてリラックス効果もあります。

 会場ではお客さまから、かわいいという声を多くいただきます」

 会場では、かわいらしい「子クオッカ」のぬいぐるみが各所に置かれ、展示スペースを彩っていました。

【画像】本当に軽…!? オシャすぎる「山小屋風軽キャンパー」全貌を画像で見る!(59枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. バンの中に組み込むよりは軽トラに乗せるタイプのものだと軽トラがなくても作り置きもできますし。