レトロ感ヤバい「角目SUV」公開! ギラギラメッキの新型「Havana」登場! 「旧車」の雰囲気漂うカスタムカーとは

アルパインニューズは東京オートサロン2023にて、カスタムカーの「Havana(ハバナ)」を展示しました。どのようなクルマなのでしょうか。

「キューバ」の旧車をリスペクト

 カスタマイズカーの企画・販売などをおこなうアルパインニューズは2023年1月13日から3日間開催された東京オートサロン2023に、同社が今後コンプリートカーとして販売する予定の「Havana(ハバナ)」を展示しました。
 
 トヨタ「ライズ」にクラシカルなデザイン要素を取り込んだといいますが、どのようなクルマなのでしょうか。

キューバを走るアメ車の旧車にインスピレーションを得た「Havana」
キューバを走るアメ車の旧車にインスピレーションを得た「Havana」

 HavanaはトヨタのコンパクトクロスオーバーSUV「ライズ」をベースに、南米キューバの首都ハバナ市内を現在も現役で走るアメリカンクラシックカーをリスペクトし、新しい感覚でデザインしたカスタムカーです。

 エクステリアはスクエアでワイド&ローなスタイリングを採用しながらも、ベース車のコンパクトさを活かした取り回しの良さが特徴です。

 フロントフェイスはスクエアな格子状の大型グリルを配置し、その左右にはエッジの効いた角型1灯のLEDヘッドライトが配され目を引きます。

 フロントバンパーは張り出しの大きいメッキバンパーを採用するなど、全体的にメッキパーツが多く用いられ、一見するとライズと判別できないほどの存在感のあるフロントフェイスとなっています。

 リアでもベースのライズとは大きく異なったデザインで、メッキフレームが目立つ角型のテールランプと、その左右を結ぶウッド調のデカールがクラシックな雰囲気を持たせています。

 ボディサイドは光沢が輝くメッキホイールを採用し、ホワイトレター付きのタイヤと組み合わせてタフさとおしゃれさを両立。

 Havanaにはオプションとして車内のイメージを一新するブラック・ベージュの2トーンシートカバーを用意するほか、アルパイン製ナビやスピーカーシステムが設定されます。

 Havanaの受注は1月より全国のアルパインスタイルで開始しており、春からの発売を予定しています。なお、生産は初年度200台を予定しています。

 正式な価格についてはまだアナウンスされていませんが、およそ400万円前後に設定される予定です。

※ ※ ※

 アルパインニューズはHavanaと同様にハイエースをベースに、クラシックカスタムを施した「Carica」を発表・展示していました。

【画像】人気SUV「ライズ」が「旧いアメ車」に大変身! ギラギラメッキの迫力スゴイ「Havana」を画像でチェック(33枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー