スズキ、精悍顔の「新型SUV」発表! 5MTも設定! 流麗スタイルの新型「フロンクス」豪州投入へ

スズキの豪州法人は、新型SUV「フロンクス」を同市場に導入すると発表しました。

クーペスタイルの新型SUVを導入

 スズキのオーストラリア法人は2023年1月16日、新型SUV「フロンクス」を同市場に導入すると発表しました。
 

スズキの流麗SUV「フロンクス」各市場へ続々投入
スズキの流麗SUV「フロンクス」各市場へ続々投入

 新型「フロンクス」は、2023年1月12日から4日間インド・ニューデリーで開催された「オートエキスポ2023」にて、「ジムニー5ドア」「eVX」とともに発表されました。

 ボディサイズは全長3995mm×全幅1765mm×全高1550mm(インド仕様車)と、4mを切るコンパクトなボディに、力強さと流麗さを際立たせたというクーペスタイルが特徴のSUVです。

 エクステリアは迫力と厚みのあるフロントグリルに、横への張り出しが強調されたフロント・リアのスタイリングが特徴で、SUVの力強さや存在感を表現したといいます。

 ライトは上下で分割されており、上部のライトはフロントグリル上部からフロントフェンダーまで連続するような横長の3眼デザインを採用。下部のライトも上下に分かれた3眼スタイルとなっており、迫力のあるフロントフェイスに仕上がっています。

 フロントフェイスとは対象的に、リアは傾斜を描くクーペスタイルを採用し、伸びやかさと流麗さを表現。

 室内は上質感のある内装に加え、スペースを有効活用した快適な空間であるとし、ワイヤレスチャージャーや後席用エアコン吹き出し口など、快適装備も充実しているほか、先進装備では全方位モニターやヘッドアップディスプレイを採用しています。

 スズキのオーストラリア四輪車担当ゼネラルマネージャーのマイケル・パチョータ氏は新型フロンクス導入について以下のようにコメントしています。

「フロンクスの導入は、スズキがオーストラリアでライトSUVセグメントでの存在感を高めるための新たな足がかりとなります。

 新型フロンクスの投入により、ユニークでスポーティなスタイリングとSUVの伝統を融合させた、エキサイティングな新商品をラインアップに加えます。

 このフロンクスは、ライトSUVセグメントにおける当社の存在感を高めるだけでなく、小型ハッチバックからSUVへのアップグレードを検討する若い購買層への門戸を開くものです」

 新型フロンクス(オーストラリア仕様)の詳細な仕様や価格などは、後日公表される予定です。

※ ※ ※

 スズキのインド現地法人マルチ・スズキによると、新型フロンクスは2023年度からインド市場を皮切りに、アフリカや中南米市場にも販売されると明らかにしています。

 なお2023年1月中旬現在、日本国内での新型フロンクス導入に関する発表はされていません。

【画像】新型流麗SUV「フロンクス」の斬新ライトがスゴい! 日本導入なるか!? 画像で細部をチェックする(24枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント