トヨタが新型「クラウン」のアウトドア仕様お披露目! 日本に無い装備も! 車高アゲたキャンプしたくなるカスタマイズとは

東京オートサロン2023にて、新型「クラウン」をベースとし車高を上げたアウトドア仕様がお披露目されました。トヨタ自らアウトドアスタイルを提案する背景にはなにがあるのでしょうか。

トヨタ新型「クラウンクロスオーバー」のアウトドア仕様とは

 トヨタは新型「クラウン」をベースとし車高を上げたアウトドア仕様をお披露目しました。
 
 メーカー自らが提案する新たなアウトドア仕様とはどのようなモデルなのでしょうか。

トヨタ自ら新型「クラウン」のアウトドア仕様を提案!? 車高アゲたキャンプしたくなるカスタマイズとは?
トヨタ自ら新型「クラウン」のアウトドア仕様を提案!? 車高アゲたキャンプしたくなるカスタマイズとは?

 2022年7月に世界初公開された新型「クラウン」。16代目となった新型クラウンには「クロスオーバー」「スポーツ」「セダン」「エステート」という4つのボディタイプが用意され、同年9月には第一弾として新型「クラウンクロスオーバー」が発売されました。

 そうしたなかで、トヨタは新型クラウンクロスオーバーをベースに車高アップや大径のオールテレーンタイヤ、ルーフキャリアなど、アウトドアでの使用性を高める専用パーツを施した「CROWN OUTDOOR CONCEPT」を東京オートサロン2023でお披露目しています。

 CROWN OUTDOOR CONCEPTは「ユーザーの想像力を掻き立てる、クラウンの新たな可能性を提案する」がテーマとして作られています。

 ボディサイズ(ノーマル比)は、全長4930mm(±0)×全幅1900mm(+60)×全高1590mm(+50)となり、ボディカラーにはアーバンカーキが採用されました。

 またキャンプやオフロードに適した装備として、オリジナルアルミスキッドプレート、LEDライト、けん引フック、オーバーフェンダー、マッドガード、アルミ製キャリアなどが装着されています。

 また、18インチオールテレーンタイヤ(265/60R18)を装着することで足元を引き締めています。

 今回のCROWN OUTDOOR CONCEPTを担当したトヨタのミッドサイズ・ビークルカンパニー プレジデントの中嶋氏は次のように語っています。

「オフロードにも行ける、キャンプも出来る仕様のクラウンクロスオーバーを展示しました。

 今回の特徴は、リアにヒッチメンバーを付けていることで、トレーラーをけん引することが可能です。

 リアシートを現時点では日本仕様にはない6:4分割にしており、これは主に北米向けに設定しています。

 しかし今回の『使い勝手がいいね』という声を頂いていますので、今後日本仕様でも分割化(トランクスルー)が設定出来ればと考えています。

 また、今回のクラウンクロスオーバーはプロトタイプをベースにしていますが、どれも一般のパーツが装着出来るため。今後アフターパーツ市場でも盛り上がるようにと思っています。

 お客さまからの反響は『このようなクルマでキャンプに行きたい』というような声が聞かれており、その背景には世の中にSUVが多いので、少し外したクルマで個性を強調したというのがあるようです。

 このクラウンクロスオーバーがキャンプにもアウトドアにも使える新たなカテゴリー、新たなライフステージのトビラを開くクルマになることを期待しています」

※ ※ ※

 発表時には大きな話題となったクラウンクロスオーバーですが、トヨタ自らが新たなアウトドアライフを提案することで、さらなる注目が集まりそうです。

トヨタ・クラウン のカタログ情報を見る

【画像】こりゃすげぇ! クラウンアウトドア仕様がイケてる? あの場所まで王冠マーク! 実車を見る!(17枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 昨日初めて新型クラウンを見ました
    インパクトはありませんでした
    あれなら新型プリウスの方がいいと思ってしまう
    ちなみに私は500万の車に乗ってるので軽自動車やコンパクトカー乗りの僻みではありません