存在感凄いトヨタ「アルファードトラック」世界初公開! 全長6.6m×全幅2.4mの巨大仕様に反響多し! 完成した感想はいかに

東京オートサロン2023ではさまざまなカスタムカーなどがお披露目されました。そのなかで千葉県にある日本自動車大学校(通称NATS)の学生が手掛けた「アルファードトラック」が話題となっています。

見る人が皆驚く…トヨタ「アルファードトラック」世界初公開!

 2023年1月13日に東京オートサロン2023が千葉県・幕張メッセで開催されました。
 
 そこでトヨタ「アルファード」をベースにした「アルファードトラック」なるものがお披露目されました。

こりゃすげぇ! ついに世界初公開! NATSの学生が手掛けたアルファードトラックこと「アルファードスーパーデューリー」
こりゃすげぇ! ついに世界初公開! NATSの学生が手掛けたアルファードトラックこと「アルファードスーパーデューリー」

 さまざまなカスタムカーやチューニングカーが展示される東京オートサロンですが、千葉県にある日本自動車大学校(通称NATS)のカスタマイズ科では、毎回学生たちが作り上げるカスタムカーが話題となっています。

 自動車メーカーやカスタマイズメーカーなどが出展するなかで、NATSはアルファードをベースにしたスーパーデューリートラックを製作。

 デューリートラックとは、後輪片側2輪の計4輪化された仕様のピックアップトラックを差しており、北米などで見かけるカスタムです。

「アルファードスーパーデューリー」と名付けられ、コンセプトについて担当した学生は「アメリカのビルダーが日本のファミリカーをカスタムしたら? という設定で日本でお馴染みのアルファードでインパクトのあるカスタムを目指したと」いいます。

 その見た目は、前から見れば青いボディカラーのアルファードですが、横や後方から見れば、アルファードがトラック化されていることが分かります。

 この荷台部分は、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」のパネルなどを組み合わせることで制作しており、さらに従来であれば後席スライドドアが採用されますが、このアルファードトラックではマツダ「RX-8」や「MX-30」のような観音開きにカスタムしています。

 このようなカスタムにより、ボディサイズは全長6.6m×全幅2.4mという北米などで展開されるフルサイズのピックアップトラック並みとなりました。

 今回、アルファードトラックを制作する経緯について学生は次のように話しています。

「トラッキン(スポーティトラックカスタム)やアメ車に興味のあるメンバーが集まりデューリートラックを製作する案が出ました。

 ベース車両を選ぶ際に、日本で馴染みのある車両をもとにすることで、その意外性で注目を集めたくてトヨタ『アルファード』に決定しました。

 世界に1台のカスタムカーになること間違いないと思います」

 またカスタムしていくなかで苦労した部分について、次に話しています。

「まず車体を延長するということで強度、重量の兼ね合い(公認取得の為)に苦労しており、頑丈な作りになるように仕上げています。

 またスライドドアを観音開きにするカスタムは想像以上に大変だった部分で、閉じたときに収まりが良いようすることなども苦労しました。

 荷台部分は、現行ハイラックスのパネルを地元の千葉トヨタグループより協賛いただき製作したほか、さまざまなパーツメーカーにも多数部品協賛していただき完成しました」

※ ※ ※

 また完成度や来場者の反響について「最初に作成したイメージのスケッチ通りになったと思います。また以前からYouTubeやニュースなどで見た人が見に来ていて『完成したんですね』や『とても凄い』といった話を頂きました」(前出の学生)と話しています。

 そのほか、NATSブースには訪れた多くの来場者はアルファードトラックの迫力に圧巻の様子でした。

 なおこのアルファードトラックは、東京オートサロン2023でおこなわれた「東京国際カスタムカーコンテスト ミニバン・ワゴン部門」の優秀賞を獲得しました。

トヨタ・アルファード のカタログ情報を見る

【画像】全長6.6m&全幅2.4mの「アルファードトラック」初公開! 存在感ヤバい実車を見る!(17枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント