レトロ顔「SUV&バン」世界初公開! メッキギラギラの角目デザインデザインが凄い! 斬新カスタムカーをお披露目へ

クラシカルデザインの「カリカ」と「ハバナ」というカスタムカーをアルパインスタイルがお披露目しました。どのようなモデルなのでしょうか。

カリカとハバナのレトロ顔カスタムカーお披露目!

 アルパインスタイルは、クラシカルデザインの「カリカ」と「ハバナ」というカスタムカーを公式ホームページにてお披露目しました。

こりゃカッコいい! アルパインスタイルがクラシカルデザインのカスタムカーをお披露目! カリカ&ハバナとはどのようなモデルなのか?(画像:アルパインスタイル公式ホームページより)
こりゃカッコいい! アルパインスタイルがクラシカルデザインのカスタムカーをお披露目! カリカ&ハバナとはどのようなモデルなのか?(画像:アルパインスタイル公式ホームページより)

 さまざまなモデルのエアロパーツを展開するアルパインスタイルは、東京オートサロン2023で異なるデザインが特徴のカスタムカーを展示します。

 ひとつは商用バンをベースしたカスタムカーで、カルフォルニアの空と海をイメージした角型4灯ヘッドライトが印象的なカリカです。

 カリカのエクステリアは、USスタイルとEUROスタイルという異なるエアロデザインが設定され、クロームメッキのグリルや前後バンパー、クラシカルウインカーなどを採用しています。

 インテリアには、オリジナルのシートカバーやフロアマット、ステアリング、シフトノブのほか、ALPINE製7インチディスプレイオーディオややスピーカー、10インチサブウーファー、デジタルミラーを設定。

 さらには快適に過ごすためのベッドキットやリアビジョンなども用意されます。

 もうひとつのハバナは、キューバの首都ハバナをいまも走るアメリカンクラッシックデザインを採用した取り回しの良いコンパクトSUVです。

 エクステリアは、スクエアなメッシュグリルやメッキの前後バンパーや角型LEDヘッドライトを採用す。

 インテリアには、オリジナルシートカバーやフロアマット、ステアリングスピーカー、カーナビ/ディスプレイオーディオ、リアモニター、デジタルミラーなどが用意されます。

※ ※ ※

 これまでクラシカルなデザインのSUVといえば光岡が展開する「ヒミコ」や「バディ」などが挙げられますが、新たなクラシカルカスタムカーが誕生することになります。

 なお、カリカとハバナは、東京オートサロン2023の初日となる2023年1月13日から商談受付が開始されるようです。

【画像】こりゃすげぇ! 斬新デザインのバン&SUV世界初公開! レトロなテイストがいい感じの実車を見る!(16枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント