ホンダ、先行公開の新型「軽商用バン」100万円台で「快適車中泊」可能に!? キャンプが便利になる特徴も

ホンダは2022年12月に2024年春に発売予定の「軽商用EV」を先行公開しました。どんな特徴があるのでしょうか。

車中泊にうってつけ!? 先行公開のホンダ「軽商用EV」の特徴は

 ホンダは、新型「軽商用車(EV/電気自動車)」を2022年12月7日に発表しました。発売は2024年春を予定しているといいます。
 
 ホンダの軽商用バンの「N-VAN(エヌバン)」がベースになっているといいますが、新型軽商用EVにはどういった特徴があるのでしょうか。

100万円台で「快適車中泊」可能!? 2024年春発売のホンダ「軽商用バン」とは
100万円台で「快適車中泊」可能!? 2024年春発売のホンダ「軽商用バン」とは

 ホンダは、2050年に同社が関わるすべての製品と企業活動を通じたカーボンニュートラルの実現を目指しており、四輪車では2030年までにグローバルで30種類のEV展開を予定しています。

 そんななか、今回先行公開された新型軽商用EVは、EVならではの高い静粛性やストップ&ゴーの多い交通環境に適した、力強い加速を実現。

 EVの航続可能距離は200kmを目標とし、価格についてもガソリン車と同等の100万円台から設定する予定だといいます。

 そんな新型軽商用EVがベースとなっているのは2018年に誕生したN-VANで、大容量の荷室空間とアレンジ力の高さが特徴です。

 フロア高を低くし、さらに後席と助手席が床下へフラットに収納できることで、広大な荷室が現れます。

 また、助手席側のセンターピラーをなくしたことで、テールゲートとあわせふたつの大開口部と動線で空間を自由に使いこなすことが可能です。

 これにより、さまざまな荷物を積載できるほか、シートをフラットにできる特徴を活かしたレジャー仕様や車中泊仕様としても楽しむことができます。

 ホンダの純正アクセサリーなどを手掛けるホンダアクセスでは、N-VANに関するさまざまな車中泊に便利なアイテムを展開しており、たとえば「マルチボード」を用いることで下には荷物を積んだまま床から一段高い快適なベッドを備えることが可能。

 このほか、プライベートな空間を保てる「テールゲートカーテン」や「プライバシーシェード」なども展開しています。

 さらにホンダアクセスでは、「旅をしながらサーフィンを楽しむ人生」をテーマとした「TRIP VAN(トリップバン)」というコンセプトモデルを手掛けています。

 エクステリアはレトロ調なフロントグリルやバンパーを採用することで、どこか懐かしいフェイスを特徴としているほか、インテリアはハンドルやインパネ、ドアパネルにウッドを使用するほか、シートもアンティークソファのような合皮を採用。

 助手席もフラットに出来るN-VANでは寝袋をそのまま敷くことも可能で、1人旅にはちょうど良いクルマといえます。

 トリップバンはかつて東京オートサロン2019に登場し、多くの反響を集めていました。

 このように、レジャーや車中泊が楽しめるN-VANがベースとなっていることから、新型軽商用EVはアウトドア仕様として期待できる1台といえるでしょう。

※ ※ ※

 また今回登場する軽商用EVの大きな特徴として、駆動用の大きなバッテリーを搭載している点が挙げられます。

 アウトドアやレジャーの際は、電気の確保が必須となり、なかにはポータブル電源を別途用意しているというユーザーもいます。

 今回の軽商用EVの場合では、クルマ自体から電気が使えるようになればアウトドアやキャンプなどでの楽しみが広がり、利便性が高まるといえるでしょう。

 航続可能距離は200kmというと、遠出の使用は難しいかもしれませんが、日帰りキャンプや手軽なレジャー利用として十分に活躍する1台になりそうです。

 2024年春に発売予定とのことで、今から期待が高まります。

ホンダ・N-VAN のカタログ情報を見る

【画像】ホンダ「N-VAN」ベースのレトロ顔な車中泊仕様! ウッド調の「豪華内装」を画像で見る! (21枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事