スズキ「最上級新型SUV」発売! アンダー210万円でMTのみ!? 新型「グランドビターラS-CNG」印市場に登場

2023年1月6日、スズキのインド子会社「マルチスズキ」は、同社がインド市場で展開する高級販売チャネル「NEXA」より新型「グランドビターラS-CNG」を発売しました。

設定はMTのみ! スズキの最上級SUVにCNG仕様車がデビュー

 2023年1月6日、スズキのインド法人「マルチスズキ」は、同社がインド市場で展開する高級販売チャネル「NEXA」より新型「グランドビターラS-CNG」を発売しました。

 どのようなクルマなのでしょうか。

【画像】まさかのMTオンリー! スズキタフ顔新型SUV新型「グランドビターラS-CNG」を画像で見る(41枚)

マルチスズキ高級販売チャネル「NEXA」から発売された新型「グランドビターラS-CNG」
マルチスズキ高級販売チャネル「NEXA」から発売された新型「グランドビターラS-CNG」

 グランドビターラは、マルチスズキが展開する最上級SUV。その初代モデルと2代目モデルは、日本でも販売されていたエスクードの海外向けモデルでしたが、現行型となる3代目グランドビターラは、スズキとトヨタの協業に基づいて開発されたクルマです。

 なおインド市場では、トヨタ版のモデルとして「アーバンクルーザー ハイライダー」も販売されています。

 3代目グランドビターラのボディサイズは全長4345mm×全幅1795mm×全高1645mmと、日本で販売されている車種でいえばトヨタ「ヤリスクロス」より少し大きいサイズ感です。

 エクステリアでは、全体的にSUVらしい力強さが表現されているほか、フロントフェイスでは、3灯式LEDランプや、左右のランプをつなぐクロームバー、多角形グリルが、上質感を演出しています。

 新型グランドビターラS-CNGは、この3代目モデルのCNG(天然ガス)仕様車。最高出力約87馬力・最大トルク121.5Nmを発揮する1.5リッターエンジンを搭載し、これに5速MTが組み合わされます。

 燃費性能は26.6km/kgと優れた省燃費性を発揮します。

 新型グランドビターラS-CNGについてマルチスズキのマーケティング&セールス担当シニアエグゼクティブオフィサーであるシャシャンク スリバスタバ氏は、次のようにコメントしています。

「2022年9月の発売以来、グランドビターラは、将来性のある複数のパワートレインを搭載したSUVの魅力により、インドの消費者から大きな反響をいただいています。S-CNGの導入により、グランドビターラの魅力はさらに広がります。

 新型グランドビターラS-CNGは、グリーン・パワートレインを14車種に拡大するという当社の積極的な計画に貢献する1台です」

 新型グランドビターラS-CNGの価格は、128万5000インド・ルピー(約205万円)からです。

【画像】まさかのMTオンリー! スズキタフ顔新型SUV新型「グランドビターラS-CNG」を画像で見る(41枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. シンプルがベストです。車の原点走る曲がる止まるだけでよい。あ、エアコンとヒーターは必要。あとは何にもいらない。安くて、シンプルで、故障しらずの長持ち車。実用本位の車の需要はあるはずです。

    • 質実剛健、昔ながらの安価でタフな日本車を所望するユーザーは、どのくらいいるのでしょう?

  2. 新型S-Crossが日本導入できないなら、代わりにグランドビターラを導入出来ませんか?スズキさん。