トヨタが「1人乗りアウドドア仕様」&「ランクル40×70」の実車をお披露目! 乗る人がFunになるカスタム仕様を1月に公開へ

2023年1月13日から15日まで幕張メッセで開催される世界最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」にトヨタ車体が初出展することを発表しました。

【画像】これはランクル40/70どっち? さらに1人乗りアウドドア仕様も! Funな実車を見る!

 2022年12月26日にトヨタ車体は、2023年1月13日から15日まで幕張メッセで開催される世界最大級のカスタムカーの祭典「東京オートサロン2023」に初出展することを発表しました。
 
 そのなかで、「長く・アクティブに乗っていただけるFunなクルマ」をお披露目する予定です。

【画像】これはランクル40/70どっち? さらに1人乗りアウドドア仕様も! Funな実車を見る!(16枚)

こりゃすげぇ! トヨタ車体が1人乗りアウドドア仕様なる「Fun・COM エクスプローラー」を東京オートサロン2023でお披露目する
こりゃすげぇ! トヨタ車体が1人乗りアウドドア仕様なる「Fun・COM エクスプローラー」を東京オートサロン2023でお披露目する

 トヨタグループのミニバン・商用車・SUVの領域で完成車両メーカーとなるトヨタ車体は、ミニバンの「ノア/ヴォクシー」「アルファード/ヴェルファイア」「グランエース」「LM」、SUVの「ランドクルーザー300」「ランドクルーザー70」「LX600」、商用車の「ハイエースシリーズ」、さらに超小型BEV「コムス」などを手掛けています。

 そんなトヨタ車体は、東京オートサロン2023に「LAND CRUISER 40×LAND CRUISER 70」、「LAND CRUISER TLC Custom」、「Fun・COM エクスプローラー」の3台をお披露目。

 LAND CRUISER 40×LAND CRUISER 70は、ランドクルーザーを「長く、安心して、楽しく」乗り続けるために中古車の「ランドクルーザー40」のボディーと「ランドクルーザー70」のベアシャシを組み合わせたカスタムカーです。

「ランドクルーザー70」の耐久性、信頼性、悪路走破性はそのままに「ランドクルーザー40」のクラシカルなボディとカラーを?かしたスタイルとなっています。

 LAND CRUISER TLC Customは、世界一過酷といわれる「ダカール・ラリー2023」において、TLC(Team Land Cruiser TOYOTA AUTO BODY)がランドクルーザー300で初参戦することを記念したモデルです。

 このモデルはGR SPORTにラリー仕様のオリジナルパーツを装着したオフロードスタイルを提案します。

 シートはBRIDE「STRADIA III」、ホイールはENKEI「PDT1」、タイヤはTOYOTIRES「OPEN COUNTRY(285/60R18)を装着。

 なお、1995年からランドクルーザーで参戦し続けており、改造が制限された市販車部門において、過去22回の優勝経験を持ち、2023年サウジアラビア大会(12月31日から1月15日)でランドクルーザー300で初参戦し市販車部門で10連覇に挑むといいます。

 3台目のFun・COM エクスプローラーは、トヨタ車体が2012年から発売し、販売台数1万台を超える超小型BEVとなる「コムス」をベースにしたモデルです。

 コムスをリ・デザインし、乗る人の“FUN”に訴求した新たな可能性を持ったクルマを提案します。

 高い開放感による「ワクワク・ドキドキ」感と、中古車活用による循環型社会への貢献を両立させることで、ツーリングや日常の移動、非日常を高めるレジャー施設での運用などに幅広い利用を想定。

 ボディ部分はアウトドアやスポーツアクティビティなどに似合うスタイリングとし、ホイールはエムエルジェイ「XTREME-J」、タイヤはMICHELIN(145/70R12)を装着します。

 また環境にやさしいだけでなく、乗る人にもっと「Fun」を訴求し、超小型モビリティに新たな価値を提供する目的も持っています。

※ ※ ※

 また当日のブースでは「ランドクルーザーグッズ」としてT シャツ、バッグ、キャップ、キーリング、タオル、ステッカーなどの販売もおこなう予定です。

【画像】これはランクル40/70どっち? さらに1人乗りアウドドア仕様も! Funな実車を見る!(16枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. これを設計した人へ。
    これがすっぽり入るくらいの側溝に横転しながら落ちたり、斜面を転がったら顔面や胸を打って運転してる人は亡くなりますよ。屋根は無くともパイプでガードを付けなきゃ危険過ぎる。ニュースになってるだけでもトラクターが横転して毎年何人も死んでるんですから。