“ギラギラ”グリルに特大ベッド搭載で車中泊も可能!? 日産新型「セレナ」個性派カスタムがスゴすぎる!

6代目となる日産「セレナ」が登場すると同時に各種カスタムカーが設定されました。どのような特徴があるのでしょうか。

ひと味違う新型セレナのカスタムカー

 日産のミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジし、新型モデルが登場しました。
 
 6代目となる新型セレナは、親しみやすく上質でモダンなスタイリングに進化。さらに、エアロ仕様の「ハイウェイスター」と最上級グレードの「e-POWER ルキシオン」は大型フロントグリルを装着するほか、フロントバンパーやサイドシルプロテクター、リアバンパーもエアロ仕様とすることで力強いデザインとしています。
 

派手グリルが光る日産新型「セレナ」のカスタムカー(セレナ AUTECH)
派手グリルが光る日産新型「セレナ」のカスタムカー(セレナ AUTECH)

 そんな新型セレナには個性的なカスタムカーが存在。従来モデルから設定されていた、カスタムカー「AUTECH」と車中泊仕様車「マルチベッド」が今回フルモデルチェンジしました。

 新型「セレナ AUTECH」は、日産モータースポーツ&カスタマイズが手掛ける「AUTECH(オーテック)」ブランドのカスタムカーです。

 湘南エリアを本拠地とする同社のモデルとして、青い海や空をイメージしたアイテムが盛り込まれているのが特徴。

 AUTECHブランドに共通する、美しいドットパターンのフロントグリルや、ブルーに発光するシグネチャーLED、スポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツを装備。低重心や安定感を強調するスタイルを実現しました。

 インテリアでは、シートに柔らかいレザレットという素材を採用したほか、波の動きをモチーフにした模様を施しています。インパネには、光の加減でブルーに光るダークグレーの木目調パネルを取り入れました。

 一方の新型「セレナ マルチベッド」は、見た目は普通のセレナですが、3列目シートを取り去った2列シートとし、収納式のベッドシステムを備えています。

 前席より後ろが一面ベッドになるという仕様で、車中泊での使用はもちろん、ワーキングスペースや災害時の避難先としても活用することが可能です。

 ベッドサイズは長さ2120mm×幅1320mmとセミダブルベッドを超える広さとしつつ、頭上空間も830mm確保。ベッドマットを従来モデルより10mm厚くして、大人2人がゆったりと寝られる空間を実現しました。

 ベッドマットの下は収納スペースとなっていることから荷物の置き場に困ることはありません。

 またベース車では防水シートを標準装備し(一部グレードを除く)、ベッドマットにも同様の防水性のある素材を採用。汚れが拭き取りやすく簡単に手入れできる仕様となっています。

 なお新型セレナ AUTECHにも新たにマルチベッド仕様が設定されたので、ドレスアップした個性的なスタイルで車中泊できるという、欲張りな楽しみ方が可能となった点も注目されます。

※ ※ ※

 カスタムカーのほか、新型セレナの純正ディーラーオプションも用意されました。

 クールな外観を演出するアイテムとして、イルミネーションとアクセサリーを揃えた「フロントダイナミックパック」を設定。

 純正の3連LEDヘッドランプから縦に3つ並んだ「フロントグリルイルミネーション」の白色LEDライトが一体感を生み出すほか、「フロントバンパーイルミネーション」の光がフロントフェイスを引き締めます。

 バンパー下部に装着する「フロントプロテクター」はワイドに張り出したフォルムがダイナミックな印象。

 ほかにも、「フロントダークグリル」や「ルーフスポイラー」「シーケンシャルドアミラーウインカー」などが外装アイテムとしてラインナップされました。

日産・セレナ のカタログ情報を見る

【画像】プレミアム仕様に車中泊仕様も! カスタムされた新型セレナがスゴイ!(27枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント