フロントガラスに「お湯かけるのはNG」 窓ガラスが凍ったらどう対応すべき? 適切な対処に必要なモノとは

寒い時期にクルマのフロントガラスが凍結していることがあります。その対処方法として「お湯をかける」というものが挙げられますが、実はこれはやってはいけない行為です。

フロントガラスにお湯をかけてはいけない?

 冬になって気温が低下すると、クルマのフロントガラスが凍結し、前方が真っ白になってしまうことがあります。
 
 そういった場合、フロントガラスにお湯をかけて、凍結を解消するという対策方法を聞きますが、その対処方法は正しいのでしょうか。

フロントガラスが凍結していたら…お湯かけるのはNG!
フロントガラスが凍結していたら…お湯かけるのはNG!

 そもそもなぜフロントガラスは凍結するのでしょうか。

 凍結の前段階として「結露」が挙げられます。

 結露は車内と車外で気温差ができやすいため、車内の温かい空気が外気で冷えた窓に触れることで飽和水蒸気量が小さくなり、凝結して結露が発生します。

 同じく結露する時期として梅雨が挙げられますが、フロントガラスが白く曇るだけに留まります。

 しかし、気温が凍結するほど低い場合には、フロントガラスに付着した結露(水滴)が、冬の冷たい空気でさらに冷やされて、凍りつくことで発生します。

 このようにフロントガラスが凍結した対処方法として「お湯をかける」行為をする人がいますが、その対処方法は正しいのでしょうか。

 自動車用のガラス製造も請け負うガラスメーカー日本板硝子の担当者は以下のように話します。

「ガラス(自動車のフロントガラスなど)が凍った際に、お湯をかけることは急激な温度差によりガラス破損につながる可能性があり、まったく推奨していません。

 天候、気温、氷結の状況によって条件が異なるため、一概に対処法を責任を持ってお伝えすることは難しいです。

 それぞれのクルマの取扱説明書に従い、エアコンによる暖気で時間を解凍するのがもっとも一般的な対処法なのではないかと思います」

 このことから、凍結したクルマのフロントガラスにお湯をかける行為はかえって被害を大きくする対処方法であることがわかります。

 ゆっくりと温度を変化させる場合は問題ありませんが、一部に急激な温度変化が起こると周りの体積と温度変化が起こった部分の体積に大きなギャップが生まれ、ガラスを構成する組織がその差に耐えられなくなり破損してしまいます。

 目には見えないような小さな傷であっても、フロントガラスにお湯をかけることで割れが広がってしまうかもしれません。

 すぐに凍結を解消したくても、フロントガラスにお湯をかけないようにしましょう。

【画像】凍ったワイパー無理に剥がすと… 破損する? どうなる?(15枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー