トヨタ新型「プリウス」にド迫力オーバーフェンダーの“GR仕様”!? 3本出しマフラーがイカツすぎる! 「GR プリウス」のCGがスゴイ

2022年11月16日に世界初公開がおこなわれ、その発売が今冬にも控えているトヨタ新型「プリウス」。7年ぶりの全面刷新で5代目モデルへとなったこのクルマですが、今回Theo throttle氏はGR仕様に変えたレンダリングを公開しました。

実現性はある? GR仕様のプリウス

 2022年11月16日に世界初公開がおこなわれ、その発売が今冬にも控えているトヨタ新型「プリウス」。

 そんなプリウスを、クルマのバーチャルチューナーであるTheo throttle氏はGR仕様に変えたレンダリングを投稿し話題を呼んでいます。

トヨタ新型「プリウス」をGR仕様に変えたレンダリング(Photo:Theo throttle)
トヨタ新型「プリウス」をGR仕様に変えたレンダリング(Photo:Theo throttle)

 プリウスは、1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーとして誕生しました。これまでに4世代のプリウスが登場し、グローバル累計で約505万台と数多く販売され、世界に普及しました。

 誕生から25年間の節目を迎える2022年に5代目となる新型プリウスが登場。強みである高い環境性能に加え、「一目惚れするデザイン」と「虜にさせる走り」を兼ね備えたクルマを目指して開発がおこなわれました。

 エクステリアでは、プリウス独自のアイコンである「モノフォルムシルエット」を引き継ぎながら、第2世代TNGAプラットフォームによる、さらなる低重心化や、19インチ大径タイヤの採用によって、よりスポーティでスタイリッシュなプロポーションへ進化しています。

 ハイブリッドモデルは今冬、PHEVモデルは2023年春頃にそれぞれ発売される予定だといいます。

 一方でトヨタのGRは、TOYOTA GAZOO Racingが展開するスポーツカーシリーズ。現在のラインナップはトヨタ「GR86」、「GRヤリス」、「GRスープラ」そして「GRカローラ」です。

 今回プリウスをTheo throttle氏が想像を膨らませ、GR仕様にカスタマイズを施し、レンダリングを公開しています。

 外装は鮮烈なレッドに塗られ、フロントフェイスやフェンダーにはGRカローラのようなデザインのパーツが装着されています。ルーフやドアミラーは黒に塗装され、スポーティな雰囲気を醸し出しています。

 またリアビューでもGRカローラのようなバンパーが装備され、マフラーも3本だしのエコカーならざるデザインになっています。

 このクルマについて「これはスゴイ!」「美しいプリウスだ」(編集部訳)などコメントが集まっています。

※ ※ ※

 Theo throttle氏は、レクサス仕様のトヨタ「タンドラ」やSUV仕様のトヨタ「センチュリー」など現実にはまだ存在しない、あらゆる「もしかしたら」なクルマのレンダリングを作成して、自身のSNSに投稿しています。

 Theo throttle氏の製作したレンダリングは、もちろんメーカー非公認の非現実的なデザインですが、先代プリウス(PHVモデル)にはGRスポーツモデルも存在しますので、GRモデルが出現する可能性を完全には否定できません。

トヨタ・プリウス のカタログ情報を見る

【画像】めっちゃ速そう! オーバーフェンダーで武装したトヨタ新型「プリウス」のGR仕様レンダリングを画像で見る(75枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

2件のコメント

  1. 大衆セダンなのにリアのブリスターが浮いてて不自然。
    車幅は同様でも、大人しい感じのオーバーフェンダーで迫力を出して欲しい。

  2. 今までのプリウスはトヨタのマークが豚の鼻のようでした。私は価格が低い車種ほどこれが顕著で、あえて不格好にしていると感じています。その点、今回は平らな面にマークが付けられていてイメージアップを図ったのかとも感じます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー