「ブゥン」と減速! クルマの「エンブレ」どう活用? 間違えると悪影響も! 推奨される場面とは

クルマの運転で、じつはあまり知られていないのが「エンジンブレーキ」です。通常のブレーキとどう違い、どのタイミングで使うのでしょうか。

「エンジンブレーキ」は通常のブレーキとどう違う?

 クルマの「ブレーキ」と聞くと、一般的にはブレーキペダルを踏んで減速・停車する「フットブレーキ」や、駐車時や坂道発進で使用する「パーキングブレーキ(サイドブレーキ)」をイメージします。
 
 一方で、そのふたつのブレーキと比べるとあまり知られていないのが「エンジンブレーキ」です。

「エンジンブレーキ」ってなんだっけ? 普通のブレーキとどう違う?
「エンジンブレーキ」ってなんだっけ? 普通のブレーキとどう違う?

 ブレーキペダルを踏んで作用する「フットブレーキ」は、「摩擦」と「油圧」によってクルマを止めようとはたらきます。

 ドライバーがブレーキペダルを踏むと、その力は「マスターシリンダー」という機構へと伝わります。マスターシリンダーは「ブレーキフルード(ブレーキオイル)」というオイルで満たされており、オイルがシリンダーによって圧縮されると高い圧力(油圧)をともなった状態となります。

 その後、高められた油圧は各車輪のブレーキ機構へと配管を通して伝わり、車輪と接続され回転している「ブレーキドラム」または「ブレーキディスク」を、油圧の力で「ブレーキパット」や「ブレーキシュー」が押さえつけて摩擦を発生させることで、クルマを動かす運動エネルギーが熱エネルギーへと変わりクルマが静止しようとします。

 単に人が車輪を押さえつけるだけでは重量のあるクルマの動きを止められないので、これらの機構を持つことによりペダルを踏んだ力をパワーアップさせているのがフットブレーキの機構となります。

 一方パーキングブレーキはレバーを引くタイプや足で踏むタイプなどがあり、これらはフットブレーキとは違い油圧は関わっていませんが、ブレーキシューがブレーキドラムを押し付けて止めていることに変わりはありません。最近では電動タイプも一般的になっています。

 では、「エンジンブレーキ」とは何なのでしょうか。

 これはエンジンの回転数が高まった際に回転を下げようとする抵抗を利用して、減速させる仕組みです。

 エンジンが回っている限り、普段の運転をしていてもアクセルを離すことでエンジン回転数は下がろうとするので、エンジンブレーキは作用します。

 さらに強いエンジンブレーキの減速力を使用したい場合は、AT車では「2」「L」「S」などのポジションに落としたり、シフトレバーに「O/Dボタン」が備わっている場合は押すと低速のギアへと切り替わるため、エンジン回転数が上がってエンジンブレーキが発生します。

 エンジンブレーキはこのような操作をすることで、フットブレーキを使わずにクルマを減速させることができます。

【画像】今じゃ「シフトレバー廃止」も当たり前!? どうやって「エンブレ」使う? シフトレバーの変遷を写真で見る(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

17件のコメント

  1. ブレーキパットにペーパーロックってクルマ関連記事書く人が
    こんなで大丈夫なんでしょうかね

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

    • O/Dを押すのではなく正確にはO/Dを切るですよね。
      オーバードライブが入っていると一番上のギアまで無制限に使われるけど、オーバードライブをオフにすればトップギアが使われずにエンジンブレーキがかかるのです。5ATなら4速、4ATなら3速。それ以上に強いエンブレが必要ならセカンド、ローと落とせばいいだけ。
      記事を書いた人はO/Dスイッチ搭載車を乗った事ないのかな?

  2. ペーパーロックて何?(笑)

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  3. ブレーキの種類に回生ブレーキが言及されていないけど、今時、こちらの方も無視できない、あるいはその方が多いようだけど。エンジンブレーキと連携しているので関係がややこしいですよね。

  4. この方のコメントは
    いつも主題がブレますね
    キツめな表現で申し訳ありません

    • 寧ろエンブレは積極的につかうべきでは?
      無駄にデカイ車にのって車間狭いから前方確認できなくて、減速率低くてもブレーキ踏んでスピードダウン落とす→車間離れるからアクセル踏んで車間詰める(以降繰返し)

      スイッチ的なペダル操作で交通の流れ悪くしているだけ。
      車間ある程度開けてエンブレ多用すればもっとスムーズに流れるのにと思う事が多い。

  5. 寧ろエンブレは積極的につかうべきでは?
    無駄にデカイ車にのって車間狭いから前方確認できなくて、減速率低くてもブレーキ踏んでスピードダウン落とす→車間離れるからアクセル踏んで車間詰める(以降繰返し)

    スイッチ的なペダル操作で交通の流れ悪くしているだけ。
    車間ある程度開けてエンブレ多用すればもっとスムーズに流れるのにと思う事が多い。

  6. マニュアル車なら、オーバーレブも考慮する必要があるが、記事の写真は全部オートマですよね。オートマなら、ギアを下げようとしてもコンピューターが制御しているので、危険なシフトダウンはないと思われます。GTRやフェラーリ等のギアは知りませんが。国内で一般的なトルコン式なら、下り坂では積極的に使っても問題ない筈。燃費向上にもなりますよね。

  7. GTRやフェラーリのギアは知りませんが、一般的なオートマならコンピュータで、無理なシフトダウンは出来ないはずです。マニュアル車なら、オーバーレブを気にする必要がありますが、長い下り坂では積極的にエンジンブレーキを使うように勧めるべきです。燃費向上にもなりますよね。

  8. エンジンブレーキを使うと高額の費用が発生するかもしれないけど、フットブレーキなら数万円で済むから、エンジンブレーキは使わない方が良いとミスリードしそうな記事ですね。

    • おどれら?
      まずは わしの きく なめて をちつけーや?

  9. エンジンブレーキは減速の第一選択肢。コレでは減速しきれないときに他の減速手段を考えるというのがエンジン車の操縦の基本だと思いますが…
    基本も知らない名ばかり整備士に愛車は預けられないですね。

  10. エンジンブレーキが「あまり知られていない」のは、なんの統計?
    O/Dボタンの方が知られてないだろ。なんの略ですか?

  11. 長い下り坂や連続する下り坂 ってあるけど
    どを違うんでしょう?

    バスの横転事故で思いついて書いた記事ですかね
    記事になってるのか???

  12. エンジンブレーキは、平地ではある程度ゆっくり減速しますが、下り坂では速度が上がり過ぎない様、現状速度維持となるので、ブレーキ程の減速力はないので、下り坂にさしかかる寸前にシフトダウンするのが有効。AT車に限っては速い速度からのシフトダウンを行っても制御的にシフトダウンされないので、ブレーキ併用のシフトダウンでメカ的に問題ないはず。メーカーでも繰り返し変速のテストを何万回と行っているはずで、簡単にはトラブルは起きないでしょう。雨の日の様な路面コンディションが悪い場合は、十分速度を落としてからのシフトダウンを推奨します。