日産「ノート」健闘中!? ホンダ「ヴェゼル」の人気上昇! 22年11月度販売台数ランキング発表

2022年12月6日、日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は2022年11月度の車名別販売台数ランキングを発表しました。

11月販売台数ランキングに変化あり?

 2022年12月6日、日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)は2022年11月度の車名別販売台数ランキングを発表しました。
 
 10月度の販売台数ランキングと比べ、どのような結果となっているのでしょうか。

日産「ノート」が好調? 2022年11月新車販売ランキングはいかに
日産「ノート」が好調? 2022年11月新車販売ランキングはいかに

 登録車の11月度の販売台数ランキングは、トヨタ「ヤリス」(販売台数1万2944台)が首位を獲得。8か月連続で首位の座を保ち続けています。

 続く順位を見てみると、2位が日産「ノート」(1万973台)、3位がトヨタ「カローラ」(1万178台)、4位がトヨタ「シエンタ」(1万167台)、5位がトヨタ「アクア」(8808台)でした。

 10月度は「ヤリス」「シエンタ」「カローラ」「ライズ」「ルーミー」が上位5位までのランキングでトヨタが独占という結果でした。

 今回、日産「ノート」は10月の6位(7603台)から2位(1万973台)に浮上。ノートは8月22日に一部改良を実施し、秋から発売している日産の主力コンパクトカーで、新色の設定や抗菌シートの設定などがおこなれました。これらが功を奏したためか、9月と同ポジションの2位へと浮上しました。

 また、トヨタのコンパクトハイブリッドカー「アクア」は、2022年では1月以来となる上位5位に入っています。11月29日には新色の設定や、スポーティな「GR SPORT」グレードを設定し、今後ランキング上位を維持できるかが注目されます。

 さらに、ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」は10月が14位(4296台)であったのに対し、11月は7位(5653台)へと躍進しています。

 一方で、トヨタの人気ミニバン兄弟「ノア」「ヴォクシー」はそれぞれ13位(5080台)、14位(4954台)のポジションについており、10月の7位・8位ポジションから下がった結果となりました。

●2022年11月 登録車 ブランド通称名別 新車販売速報 乗用車ベスト10

・1位:トヨタ「ヤリス」(1万2944台)
・2位:日産「ノート」(1万973台)
・3位:トヨタ「カローラ」(1万178台)
・4位:トヨタ「シエンタ」(1万167台)
・5位:トヨタ「アクア」(8808台)
・6位:トヨタ「ルーミー」(8390台)
・7位:ホンダ「ヴェゼル」(5653台)
・8位:トヨタ「ライズ」(5589台)
・9位:ホンダ「フィット」(5471台)
・10位:トヨタ「アルファード」(5358台)

 軽自動車の11月度の販売台数ランキングは、ホンダ「N-BOX」(販売台数1万7474台)が1位を獲得。6か月連続で首位を維持しています。

 続いて、2位がダイハツ「タント」(1万4998台)、3位がダイハツ「ムーヴ」(1万639台)、4位がスズキ「スペーシア」(1万290台)、5位がスズキ「ワゴンR」(7865台)となっています。

 上位5位を見ると、10月度と11月度ではランキングに変化はありませんでした。

 軽自動車の「2位争い」は毎月熾烈なバトルを繰り広げていますが、11月では2位と3位はともにダイハツ車。3位ダイハツ「ムーヴ」(1万639台)と4位スズキ「スペーシア」(1万290台)が僅差となるなど、「3位争い」に注目です。

●2022年11月 軽四輪車 通称名別 新車販売速報 乗用車ベスト10

・1位:ホンダ「N-BOX」(1万7474台)
・2位:ダイハツ「タント」(1万4998台)
・3位:ダイハツ「ムーヴ」(1万639台)
・4位:スズキ「スペーシア」(1万290台)
・5位:スズキ「ワゴンR」(7865台)
・6位:スズキ「ハスラー」(6861台)
・7位:ダイハツ「ミラ」(5933台)
・8位:スズキ「アルト」(5908台)
・9位:日産「ルークス」(5594台)
・10位:ダイハツ「タフト」(5215台)

【画像】ランキング浮上! 人気上昇の日産「ノート」ホンダ「ヴェゼル」はどんなデザイン? 画像で見る(32枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント