「高速道路」は4つだけ!? 知られざる「高速」の種類が存在 その「違い」とは

クルマで長距離移動をする際に便利な「高速道路」。普段何気なく使っていますが、単に高速と呼んでいてもいくつか種類があります。一体どのような違いがあるのでしょうか。

遠方へ移動するドライバーの味方「高速道路」 実は種類があった!

 クルマで遠方へ移動する際に走行することの多い「高速道路」。正式名称は「高速自動車国道」ですが、同様に高い速度で走行できる「自動車専用道路」が存在します。
 
 一見すると、どちらも一般道とくらべて速い速度で走行可能なように思えますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

何気なく使う「高速」は実は種類がある(画像はイメージ)
何気なく使う「高速」は実は種類がある(画像はイメージ)

 高速自動車国道は、都道府県をまたがり全国的に展開している高速道路ネットワークです。

 交差点がなく、一般道路からの流入・流出をインターチェンジ(IC)などで制限しているので、他の交通と交差したり、停車する機会も少なく、長距離をクルマで移動する人にとって不可欠な存在です。

 一方で自動車専用道路は、正式名称「一般国道自動車専用道路」といい、地域のスムーズな交通を目的として建設されるため、距離は比較的短くなっています。

 これらふたつの道路は、クルマなどが高速で走れる構造で建設されており、1987年(昭和62年)6月に閣議決定された「第四次全国総合開発計画」では、「高規格幹線道路」として位置づけられ、現在「〇〇自動車道」という名称を用いるのが一般的になっています。

 そんな高規格幹線道路はひとまとめに「高速道路」と呼ばれていますが、じつは正式名称として「〇〇高速道路」という名称がつけられた道路は少なく、「東名高速道路」「名神高速道路」「新東名高速道路」「新名神高速道路」のわずか4路線しかありません。

 高速道路の名称について、NEXCO西日本は次のように説明しています。

「経済発展を担う重要路線として注目されていた『東名高速』『名神高速』という通称が広く使用され、一般的に定着して馴染みのある名称となりました。

 この歴史的な背景を考慮し、『高速道路』はお客さまが最も受け入れやすい道路名称として例外的に採用されたものです」

【画像】渋滞表示の「赤い三角」とは? 標識や電光掲示板は実はメッチャ便利! 画像でチェック(10枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 最高速度1000キロっておかしくないですか?

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  2. >> 普通自動車では最高速度1000km/h、最低速度50km/hに規定

    されてねーよ。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。

  3. 普通車1000km/hってなってますよ。

    • このたびはご指摘をいただき、誠にありがとうございます。
      修正いたしました。