最先端のコンパクト「SUV」! VW新型「ID.4」日本でついに発売! 499万円から

フォルクスワーゲングループジャパンは、フル電動SUV「ID.4(アイディ フォー)」を日本市場へ導入し、全国正規ディーラーのうちのID.4取り扱い店舗で発売を開始しました。 一足先に欧州や北米、・中国で販売され人気を博したモデルと言いますが、どのようなクルマなのでしょうか。

VWの世界戦略車がついに日本市場へ導入

フォルクスワーゲングループジャパンは、フル電動SUV「ID.4(アイディ フォー)」を日本市場へ導入し、全国正規ディーラーのうちのID.4取り扱い店舗で発売を開始しました。一足先に欧州や北米、中国で販売され人気を博したモデルと言いますが、どのようなクルマなのでしょうか。

VWのフル電動SUV 新型「ID.4」
VWのフル電動SUV 新型「ID.4」

 新型「ID.4」はVW初のフル電動SUVとして2020年に誕生。2021年に全世界で約12万台が販売された後、2021年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、高い評価を受けています。

 電気自動車とエモーショナルな走りを融合させた新しいタイプのSUVモデルで、大容量のバッテリーを搭載したことによる長い航続距離と、広々とした室内空間を備えています。

 また、車両の低重心化とリヤモーターリヤ駆動のレイアウトを組み合わせることで、最適な前後重量バランスと同時に、ボディサイズに対して1クラス上の室内空間を実現しました。駆動用モーターの大トルクを余すことなくトラクションに変換することでダイナミックなドライビング性能を獲得し、乗員全員がスポーティかつ快適なドライブを楽しむことが可能です。

 導入仕様となる「ローンチエディション」は2グレードが展開され、それぞれ2種類のバッテリー容量と異なる出力のモーターを組み合わせています。

 標準的なグレード「ID.4 ライトローンチエディション」は52kWhのバッテリーと125kW (170PS)/310Nmのモーターを搭載。最大航続距離は388km(WLTCモード)です。

 上位グレードの「ID.4 プロローンチエディション」は77kWhの大容量バッテリーと150kW (204PS)/310Nmのモーターを搭載。0~100km/h加速は8.5秒で、最大航続距離は561km(WLTCモード)です。

 また、両グレードとも搭載されたバッテリーは重大な事故の際には電源が切れる保護回路が組み込まれているほか、8年間あるいは走行距離16万km走行後もオリジナルの充電容量の70%を維持することが保証されています。

 新型「ID.4」のエクステリアはクリーンで流れるような造形が施され、これはCd値0.28というSUVとしては優れた空気抵抗値を達成するとともに、まるで風によって形作られたような「ID.ファミリー」共通の個性を主張しています。

 インテリアデザインも先進的で、従来のシフトノブに代わる新装備「ドライブモードセレクター」や大型のセンターディスプレイを採用し、近未来的なインパネデザインが目を引く最新の電気自動車らしい仕上がりです。

 もちろん最新の運転支援システムも数多く採用されています。レーンキープアシストシステムや同一車線内全車速運転支援システムなど、先進安全装備を標準装備することで運転がよりリラックスしたものとなり、事故を回避しやすくなるほか万が一の際にも衝撃を軽減することが可能です。

 ボディカラーは「ID.4 プロローンチエディション」専用色となる「グレイシアホワイトメタリック」と「ストーンウォッシュドブルーメタリック」など全4色が用意されており、価格(消費税込)は499万9000円~636万5000円です。

【画像】未来感がハンパない! VW新型コンパクトSUV「ID.4」を見る(59枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント