7年ぶり全面刷新! レクサスが新型「RX」発売! 斬新スピンドルボディ採用で販売店反響はいかに

レクサスは新型「RX」を2022年11月18日に発売しました。7年ぶりのフルモデルチェンジするということもあって、販売店には多くの反響が寄せられているようです。

新型RX販売店でどんな反響があった?

 2022年11月18日、レクサスは5代目となる新型「RX」を発売しました。
 
「プレミアムSUV」というカテゴリーを切りひらいたモデルが7年ぶりのフルモデルチェンジするということもあって、販売店には多くの反響が寄せられているようです。

ついに発売された新型「RX」 日本仕様にはシステム最高出力371馬力を発揮する「RX500h F SPORT Performance」も設定される(画像は先行展示されたプロトタイプ)
ついに発売された新型「RX」 日本仕様にはシステム最高出力371馬力を発揮する「RX500h F SPORT Performance」も設定される(画像は先行展示されたプロトタイプ)

 2015年以来およそ7年ぶりのフルモデルチェンジを果たした大人気SUVだけに、発売前から大きな注目が集まっていました。

 RXが登場したのは1998年のことです。それまで、オフロードを走るものという印象の強かったSUVに対し、高級サルーンのような流麗なデザインと快適性を持たせたことから、RXは「プレミアムSUV」というカテゴリーを切りひらいたモデルのひとつとして知られています。

 今回登場した5代目では「スピンドルボディ」と呼ばれる新たなデザインを持ち、さらに走りを象徴する電動化パフォーマンスモデル「RX500h“F SPORT Performance”」などの多彩なパワートレインをラインナップしていることが特徴です。

 首都圏のレクサス販売店の担当者は、新型RXの反響について次のように話します。

「レクサスのラインナップのなかでも、もっとも人気のモデルのひとつということもあり、発売前から非常に多くの問い合わせをいただいていました。

 新型RXは2022年6月の時点で世界初公開されていたため、デザインやスペックなどはすでにご存知のお客さまが多く、発売日や納期に関する問合せが多かったです。

 クルマの仕上がり自体は『RXなら間違いない』と考えるお客さまが多く、実車を見るよりも先に注文されるケースがほとんどでした」

 レクサスのSUVは世界的にも人気が高く、2022年7月に発売された新型「NX」は、発売直後に注文が殺到し、納車までに少なくとも1年以上の時間を要する状況といいます。

 こうした現状から、少しでも早く納車されるよう、RXでは受注開始と同時に注文をするというユーザーが多かったようです。

 そうしたなかで新型RXでは、これまでとは異なる販売方式が採用されているといいます。

 前出の販売店担当者は次のように話します。

「新型RXでは、これまでレクサス車をご購入されたことのないお客さまを対象として、限定500台の抽選販売がおこなわれます。

 抽選に応募するためには、レクサス車の所有経験がないことに加えて、レクサス車以外の下取りを入れることや、『スマートバリュープラン』『スマートバリュートゥワイス』『KINTO』『販売店リース』のいずれかの方法で購入していただくことなどの条件があります。

 抽選申し込みは2022年12月22日の営業時間終了時点までとなっていますが、すでに多くのお問い合わせをいただいている状況です」

※ ※ ※

 グレードやオプションによっては1000万円を超えることもある新型RXですが、手に入れるためにはお金だけではなく運も必要なようです。

 なお、新型RXの納車は、早ければ2023年3月にも開始される見込みだといいます。

【画像】これが900万円の最上級仕様「F SPORT Performance」の実車を写真で見る!(41枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント