スズキ、新型ミニバン「イーコ」発売! 約87万円から 3.7mボディにパワフル新エンジン搭載 印に投入

スズキのインドにおける現地子会社「マルチ・スズキ」が、新型イーコを発売しました。よりパワフルでかつ燃費性能も向上させた新エンジンを搭載しています。

7人乗り仕様も! 全13グレードを展開

 スズキのインド子会社「マルチ・スズキ」は、2022年11月22日に新型「イーコ」を発売しました。新エンジンの搭載などが改良点となりますが、どのようなモデルなのでしょうか。

新エンジンが搭載された新型「イーコ」
新エンジンが搭載された新型「イーコ」

 新型イーコのボディサイズは、全長3675mm×全幅1475mm×全高1825mm(乗用モデル)で、ホイールベースは2350mm。2人乗りの商用仕様から5人乗りおよび7人乗りの乗用仕様、さらに救急車仕様まで幅広いラインナップを設定します。

 今回の改良で新型イーコはよりパワフルになり、かつ環境性能も向上しました。

 新たに搭載される1.2リッターアドバンスドKシリーズ・デュアルジェット・デュアルVVTエンジンは、最高出力が10%向上した80.76馬力を発揮(ガソリン車)。

 燃費性能も向上し、ガソリン仕様では25%改善された20.20km/L、CNG仕様29%改善された27.05km/Lを達成しています。

 またフラットのカーゴフロアを採用したことにより、荷室容量は60リッター増加。内装は新たにデジタルメータークラスターを採用し、より洗練された内装を実現します。

 マルチ・スズキでマーケティング&セールス担当上級執行役員を務めるシャシャンク・スリバスタバ氏は、「イーコは発売以来、過去10年間で975万人以上のお客さまに選ばれ、セグメントで93%の市場シェアを持つ、紛れもないリーダー的存在となっている」としたうえで、「イーコは今後もこのセグメントを席巻し、お客さまからさらに多くの賞賛を得られると確信しています」とコメントします。

 新型イーコは商用・乗用あわせて全13グレードが展開され、価格は51万200インドルピーから81万3200インドルピー(約87万円から約138万円)です。

【画像】3.7mボディで7人乗り仕様も!? スズキ新型「イーコ」発売! その姿は(14枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

15件のコメント

  1. これって、最近のキャンピングカーに最適です。外観は△ですが、価格が安く、手軽に改造できそうです。軽よりサイズ大きく1200㏄のメリットあります。日本に輸入したらいくらになるのでしょうか。興味津々。

  2. こういう車、日本で売れないのかな?こちらで充分です。

  3. 日本に発売される車だけを載せてください

  4. まんまエブディランディですねw

  5. 勿論、マニュアルシフトですよね? 十分です。

  6. このサイズのバン。最高じゃないですか!どうすれば買えますか??

  7. フロントマスクが二世代前のダイハツアトレーに見える。
    かつてのアトレー7、エブリイランディ、スバルドミンゴのこのセグメントは車中泊ブームの今、カタログに残ってたら売れたろうに。

  8. こういうシンプルで目的の明確な自動車(物)は大好きです。

    もっと日本でもこういったジャンルや指向が成長して欲しいと思います。

    ただ、「新型車」のニュースなのに、ほとんどの写真が「改良前」のただし書きというのは、いかがな物かと。

  9. 日本で買えない車を紹介されてもなぁ。

  10. このサイズで7人乗りは流石に無理がありすぎでは?

    幅1475って軽と5~6mmしか違わない

    これならフリードかシエンタの最下級グレードにしといた方が後悔しなくて済む様に思えてなりませんけど

  11. エブリィランディやん

  12. 欲しい!

  13. メーカーも 日本で発売しない車発表しないで 日本で売る車を紹介して欲しい

  14. ジムニーよりも排気量高いエンジンで燃費も良い◎
    日本で販売したほうが良いよスズキさん!!

  15. 最近どのメーカーさんも車体の大型化、最低地上高の縮小化でビジネスやトランポ化には費用が掛かり貧乏人には難しい車種ばかり。 ベニヤ板や脚立が無理なく積めてフェリー料金も4m未満、狭い駐車場にも駐車しやすいってのはニーズがあると思います。 少し装備を豪華にしてRVコンセントで200万以下なら買いたいですね。