トヨタ新型「“GR”プリウス」出たらどうなる!? スポーティに進化したプリウスの極速GR仕様を予想してみた!

2022年11月16日、トヨタは、5代目となる新型「プリウス」を世界初公開し話題となりました。今回、そんな新型プリウスのGR仕様が登場したら、どのようなスタイルとなるのか予想してみました。

新型プリウスGR化! 大胆予想のレンダリングを作成

 2022年11月16日、トヨタは、5代目となる新型「プリウス」を世界初公開し話題となりました。

 そんな新型プリウスに、GRバージョンが存在したらどんなスタイリングになるのか、予想レンダリング(CG)を作成してみました。

トヨタ新型「プリウス」のGR仕様予想レンダリング
トヨタ新型「プリウス」のGR仕様予想レンダリング

 プリウスは、「21世紀に間にあいました。」のキャッチコピーで、1997年に世界初の量産型ハイブリッドカーとして誕生。これまでに4世代のプリウスが販売されましたが、グローバル累計販売台数は約505万台にのぼります。

 誕生から25年間たった2022年に誕生した5代目となる新型プリウスは、「強みである高い環境性能に加え、『一目惚れするデザイン』と『虜にさせる走り』を兼ね備えたクルマ」を目指して開発をおこなったクルマだといいます。

ボディサイズは、全長4600mm×全幅1780mm×全高1420mm-1430mmと、先代に比べてひとまわりほど大きくなり、ホイールベースも2750mmに拡大されました。

 パワートレインには、1.8リッターエンジンもしくは2.0リッターエンジン+ハイブリッドシステム(HEV)と、2.0リッターエンジン+プラグインハイブリッドシステム(PHEV)の3種類を用意。

 PHEV モデルでは、0-100km/hまでの到達時間は6.7秒を記録するなど、これまでのプリウスとは一味違った走行性能の高さにも注目が集まっています。

 エクステリアも全体的にスポーティなフォルムとなっており、シャープなコの字型のヘッドライトが印象的なフロントデザインに、水平基調のリアコンビネーションランプなど、先進的な要素も際立ちます。

 ボディカラーにも新色が採用されており、ワールドプレミアでは、「マスタード」と「アッシュ」の2色がお披露目されました。いずれもスポーティな印象の強いカラーとなっており、従来のプリウスのイメージが一新されているように見えます。

 そんな新型プリウスについて、SNSでは「エクステリアが最高すぎる」「スタイリッシュでカッコ良い」「周りでもう購入を決めている人がいるし、自分もたぶん買う」など、ポジティブな意見が多く目立ちます。

 とくに走行性能の高さとデザインについての意見が多く、スポーティに生まれ変わったことが話題を集めているようです。

 では、そんな新型プリウスをさらにスポーティなGR仕様にしたら、一体どのようなエクステリアになるのでしょうか。GRプリウスのレンダリングを制作してみました。

 ボディカラーはスポーティなレッドに設定。通常の新型プリウスと比較してやや車高を下げて重心をさらに低く、そしてリアのタイヤには柔らかくキャンバーをつけることで、サーキット走行などを想定した「走れる」デザインとしています。

 フロントには大きめのグリルを装着し、ハイパワーな印象もプラス。ブレーキキャリパーは、先代「プリウスPHV」のGRスポーツ仕様をオマージュして、シルバーカラーを採用しました。

 従来型のプリウスにスポーティな印象を抱いている人はあまり多くはないかもしれませんが、新型ではもとがシャープなデザインになっているため、このようにGR仕様へカスタマイズしても、違和感もあまりありません。

※※※

 今回作成したレンダリングでは、リアウィングなど、巨大なエアロパーツを追加するような大幅なカスタムはおこなっていませんが、随所にスポーツ要素を少しプラスするだけで、高性能なスポーツカーのような印象が加わっています。

 GR仕様のプリウスについては、現在公式な発表はありませんが、通常のプリウスでもスポーティな印象があることを考えると、実際に発売されることへの期待も高まります。

 なお、新型プリウスは、パワートレイン別に、2022年冬から2023年春頃にかけて発売されていく予定です。多くのユーザーが実車を目にする日を心待ちにしています。

トヨタ・プリウス のカタログ情報を見る

【画像】めちゃ速そう! トヨタ新型「プリウス」のGR仕様予想レンダリングを画像で見る(75枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント