「ランクル」より巨大! トヨタの5m級新型SUV「セコイア」で極上「車上泊」!? 荒野のガチ寝「オーバーランド」SEMA2022で提案

2022年11月1日から開催されたカスタムカーイベント「SEMAショー2022」(アメリカ・ラスベガス/米国自動車用品工業会主催)に、トヨタの北米法人は数々のオフロード車両を出展しました。最新のトレンドについて現地からのレポートを紹介します。

最新SUV「セコイア」や巨大トラック「タンドラ」のカスタムモデルが多数出展

 トヨタの北米法人は、2022年11月1日から開幕したカスタムカーイベント「SEMAショー2022」(アメリカ・ラスベガス/米国自動車用品工業会主催)に、多彩なカスタムモデルを出展し注目を集めました。
 
 なかでも今回のいち推しは「車中泊」のアクティブな進化系「オーバーランド」スタイルでした。

トヨタの北米向け大型SUV「セコイア」カスタム仕様「セコイア TRD Pro Adventurerコンセプト」
トヨタの北米向け大型SUV「セコイア」カスタム仕様「セコイア TRD Pro Adventurerコンセプト」

 SEMAショーは米国自動車用品工業会(SEMA)が開催する見本市です。1967年より毎年開催(2020年はオンライン開催)されており、自動車の見た目をカスタムするパーツやエンジンのチューニングパーツだけでなく、タイヤやオフロード用品、板金塗装、補修、カーケア用品などの「アフターマーケット」製品が発表される場です。

 そして、出展各社は自社製品をはじめ最新の各種パーツを装着した大胆な改造車やコンセプトカーなどのデモカーを展示するケースが多く、それらを目当てに数多くの人がブースを訪れます。

 魅力的なデモカーには多くの来場者が集まります。いかに多くの人々をブースに呼び込めるかについて、各社気合を入れて半年前から、なかには1年も前から準備に取り掛かるケースも珍しくありません。

 それは、パーツメーカーだけではなく自動車メーカーのデモカーでも同様です。

 日本メーカーを含むさまざまな自動車メーカーがSEMAショーへ参加し、ド派手なカスタムカーをお披露目するのが恒例となっているのです。

 新型コロナウィルス感染拡大の影響で人との関わりも少なくなったこのご時世もあり、今回のSEMAショーでは「オーバーランド」関連の出展が目立ちました。

 オーバーランドとは、山道や森の中のオフロードを走りながら山奥でキャンプするというレジャースタイルを意味します。日本でブームの「車中泊」のノリからはさらに一歩先をいく、よりアクティブな楽しみ方といえ、世俗から離れた広大な自然を楽しむスタイルが多くの人の心に響いたことから昨今流行っています。

 SEMAショーの会場では、オフロード走行用のリフトアップパーツや、キャンプ生活に必須な冷蔵庫、ルーフキャリアなどの製品も数多く展示。

 各自動車メーカーもオーバーランドをイメージしたカスタムカーを展示したり、オフロードパーツメーカーとコラボしたりと、このオーバーランド需要を商機と捉えています。

 そしてトヨタは今回、以前と比べて格段に広くなったスペースを獲得し、それにより出展台数も今まで以上に増加。

 2022年1月に新型が発表された、全長5m級の北米専用フルサイズSUV「セコイア」や、「ランドクルーザー」などをベースとしたカスタムカーを出展したほか、ピックアップトラック「タンドラ」の新モデル「トレイルハンター」を発表するなど、全体的にオフロードやオーバーランドへ寄った展示内容は来場者の目をひきました。

【画像】アメリカンスタイルの「車中泊」はひと味違う! トヨタの「オーバーランド」カスタムを写真で見る(95枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

1 2

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー