ENEOS、新EV充電サービス「ENEOS Charge Plus」開始! 新車販売店やコンビニにも展開へ WAON・nanaco利用可

ENEOSが、電気自動車(以下、EV)経路充電サービス「ENEOS Charge Plus」を2022年11月21日に開始しました。SS(サービスステーション)だけでなく、2022年度中に新車正規ディーラーへの設置も決定しているといいます。

ENEOSが新たな会員制充電サービスを開始

 ENEOSは、2022年11月21日に電気自動車(以下、EV)経路充電サービス「ENEOS Charge Plus」を開始したと発表しました。

ENEOS Charge Plusの急速充電器
ENEOS Charge Plusの急速充電器

 ENEOSはこれまでも、EV経路充電ネットワークの拡充に取り組んでおり、2022年6月に日本電気株式会社から承継した普通充電器約6100基を運営。急速充電器については、2025年度時点で1000基以上、2030年度時点で数千基から1万基の設置を計画しています。

 今回新たに始まる会員制充電サービスのENEOS Charge Plusは、基本料金が無料で、複数の決済手段(クレジットカード決済、WAON、nanaco)を選択できます。2023年2月頃からはEneKey決済の利用も開始される予定です。

 11月21日よりENEOS Charge Plusの急速充電器が2か所のサービスステーションに設置され、2022年度中には約170基の急速充電器を設置する計画です。

 今後は、全国1万2000か所を超えるSSネットワークを活かして、EV急速充電器の設置拡大に取り組んでいくほか、SSだけでなく自動車ディーラー、商業施設、コンビニなどへの設置も積極的に展開していく予定としています。

 すでに、プジョー/シトロエン/DS オートモビル/フィアット/ジープなどのブランドを日本国内で展開するStellantisジャパンの正規ディーラーへの導入も決定。2022年度中に59店舗のStellantisジャパン正規ディーラーで提供が開始されます。

 ENEOS Charge Plusの開始にあたり、ENEOSは「当社の電気事業と連携して再生可能エネルギー電力の供給なども検討に加え、EVユーザーの充電ニーズに合わせた経路充電ネットワークの拡充を図ってまいります」とコメントしています。

【画像】自動車ディーラーに設置される「ENEOS Charge Plusの急速充電器」とは?(3枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント