高価格帯でも激売れ! トヨタ「アルファード」はなぜ人気? 高級志向増えた? 幅広く支持される理由とは

トヨタ「アルファード」といえば、日本の新車市場を代表するミニバンであるとともに高級ミニバンとして、ファミリーから企業などさまざまなユーザーの「憧れの存在」となっています。エントリーグレードでも359万7000円からと決して安価とはいえないながら、販売台数上位に位置する理由とはどのようなものなのでしょうか。

高級ミニバン「アルファード」が人気の理由は

 トヨタの高級ミニバン「アルファード」は、日本の新車市場を代表するミニバンであるとともに、新車販売台数ランキングでも上位に位置するなど高い人気を誇ります。
 
 しかし、ほかの販売台数上位車よりも高価格帯にも関わらず、堅調な販売台数を誇る理由とはどのようなものなのでしょうか。

なぜ高価格帯のトヨタ「アルファード」は支持されるのか?
なぜ高価格帯のトヨタ「アルファード」は支持されるのか?

 3代目となる現行モデルは2015年に登場しました。

 全体的に高級志向がさらに強められており、フロントマスクにはメッキ加飾の大型フロントグリルがあしらわれているほか、内装も杢目が強調された上質なデザインが採用されています。

 また、リアにはダブルウィッシュボーン式サスペンションを採用したことで、制振性や走行安定性がさらに向上しています。

 そんなアルファードの価格は、エントリーモデルの359万7000円から775万2000円と、国産車としては決して安価な価格帯ではありません。

 しかしながら、なぜ数ある新車のなかで販売台数上位に位置することが出来るのでしょうか。

 実際にユーザーが評価する部分について、首都圏のトヨタ販売店の担当者は以下のように話します。

「アルファードが人気である理由のひとつには、なんといっても快適な室内空間にあります。

 ミニバンというボディタイプを活かした広大な室内空間は、2列目はもちろん、3列目も余裕を持って乗車することができます。

 また、高級感のある内外装はフォーマルな場面でも活用できるため、法人のお客さまからのお問い合わせも多い、まさに万能の1台といえます。

 人気のグレードは、個人のお客さまでは装備と価格のバランスが良い『S“C パッケージ” 』、法人のお客さまでは最上級グレードの『Executive Lounge』です。

 どちらもハイブリッド車のほうが人気が高い印象ですが、納期やコストパフォーマンスの関係からガソリン車も一定の人気があります」

 また関西圏のトヨタ販売店の担当者は次のように話します。

「いまのアルファード人気は、やはり『アルファードブランド』が確立されたことが大きいです。

 かつて『いつかはクラウン』というキャッチコピーがあったように、最近では『アルファードに乗りたい』と考えていらっしゃるお客さまが多い印象です。

 実際にクラウンからアルファード、ノアからアルファードというように乗り換える人もおります」

 さらに中部圏のトヨタ販売店の担当者は次のように説明しています。

「新車を購入されるお客さまの傾向として、一概にはいえないものの『せっかく買うなら良いものを』という考えの人はいらっしゃいます。

 そのため、同じクルマでも装備の良い仕様(高いグレード)が人気になる傾向となり、その最たる例が高級志向のアルファードが支持される人気なのではないかと思います」

※ ※ ※

 現在、アルファードの直接の競合となるモデルはほとんど存在していません。

 長年ライバル関係であった日産「エルグランド」も販売台数ではアルファードを大きく下回っており、ホンダ「オデッセイ」も生産終了となっていることなどから、アルファード一強の状態となっています。

【画像】全長6m超え「アルファードトラック」が凄い! さらに1500万円の「アルファードロイヤルラウンジ」を見る!(29枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント