スバル初の小型SUV「新型レックス」発表! 30年ぶりに車名復活! 182万円から

スバル初のコンパクトSUVとして新型「レックス」が発表されました。一体どのようなモデルなのでしょうか。

新型「レックス」は小型SUVとして登場

 スバルは新型SUV「REX(レックス)」を2022年11月11日に発表しました。

 新型レックスは、街乗りからちょっとした遠出まで、シーンを選ばず安心してドライブを愉しめるスバル初のコンパクトSUVです。

スバル初のコンパクトSUV「新型レックス」
スバル初のコンパクトSUV「新型レックス」

 レックスとは、1972年から1992年にスバルが販売していた軽自動車です。販売終了から30年が経過し、新たにコンパクトSUVとなって車名が復活しました。

 外観デザインは、最小回転半径5.0mという取り回しの良い5ナンバーサイズのコンパクトなボディでありながら、大きく張り出したフェンダーや大径タイヤなどによって、SUVらしいアクティブさと頼もしさを強調し、力強い存在感を表現しました。

 ボディカラーは全9色を設定。上級の「Z」グレードにはコントラストが目を引く2トーンカラーを2色設定しています。

 内装はアクティブな印象のデザインとし、フロントシートを中心に赤い加飾をあしらうなどしてスポーティに仕立てました。

 高いアイポイントに加え、フロントウインドウを大きくすることで死角を削減。リアも大きなリヤガラスとリヤクォーターガラスを装備し後方視界を確保しました。

 室内は、後席の頭上空間や座面形状の工夫することによって広々とした空間を実現。荷室スペースは大容量空間を確保したほか、大型サブトランクや上下2段調節式カーゴボードを活用することで、シーンに合わせた使い方ができます。

 また、前席/後席にUSBソケットを配置したほか、「Z」グレードには電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド機能を標準装備。

 メーカーオプションとしてApple CarPlayおよびAndroidに対応可能な9インチのディスプレイオーディオを採用しました。

 エンジンは、発進時のスムーズな加速感と低燃費を両立させた、軽量かつコンパクトな1.2リッター自然吸気ガソリンを搭載。マニュアル感覚のシフトチェンジが可能な7速シーケンシャルシフト(CVT)と組合せました。

 また、軽量高剛性ボディと新開発のサスペンションにより、優れた操縦安定性やマイルドな乗り心地を実現。シーンに合わせて走行モードを切り替えられるDRIVEスイッチが採用されます。

 安全性能では、最新の「スマートアシスト」を装備し、高い予防安全性能を実現。後方確認をサポートするブラインドスポットモニターとリヤクロストラフィックアラートを採用したほか、2019年度JNCAP衝突安全性能評価でファイブスターを受賞したボディを採用するなど、衝突安全性能を高めました。

※ ※ ※

 新型レックスは2WD(FF)のみの設定で、価格(消費税込)は「G」グレードが182万円、「Z」グレードが217万1100円。

 なお、新型レックスはダイハツ「ロッキー」のOEM車です。

【画像】スバルの名車がSUVで復活した! ワイルドな新型「レックス」内外装の写真を見る(18枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

4件のコメント

  1. ロッキーのOEMじゃんw

  2. ボディは、ロッキーだけど、水平対向の小型エンジン搭載かと…

  3. OEMかどうかなんか最初に書くべきでしょ

  4. 楽々ドライブツーペダル〜ファミリーレックスオートクラッチ♪って歌いながらテレビのCMが流れてたのを思い出した。初代のレックスを知るのは50歳超えの年代になるよな

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー