レクサスが「キャンプ仕様のSUV」をお披露目!? 自由な旅「オーバーランド」に最適化! 「LX600 アルパインライフスタイルコンセプト」を米で公開

昨今、世界的に流行りつつある「オーバーランド」。米国レクサスはSEMAショー2022にて「LX600」をベースにした「アルパインライフスタイルコンセプト」をお披露目しました。

レクサスが提案するオーバーランドとは

 米国・ラスベガスで開催のカスタムカー・アフターマーケット見本市「SEMAショー」にて、レクサスは「LX 600 アルパインライフスタイルコンセプト」を公開しました。

これはカッコいい! レクサスが提案する「オーバーランド」とはどんな感じ? 「LX600アルパインライフスタイルコンセプト」をSEMAショーでお披露目!(撮影:加藤博人)
これはカッコいい! レクサスが提案する「オーバーランド」とはどんな感じ? 「LX600アルパインライフスタイルコンセプト」をSEMAショーでお披露目!(撮影:加藤博人)

 SEMAショーは1967年より、SEMA(Specialty Equipment Market Association、米国自動車用品工業会)が毎年開催している展示会です。

 内外装やエンジン、タイヤ、ホイールなどのカスタムパーツだけでなく、塗装やリペア用品、カーケア用品、カーラッピングなど、多種多様な「アフターマーケット」製品を世界中に発表する場として知られており、その規模は世界最大級です。

 そしてそれら新製品を装着した各ブースのデモカーもショーの見どころのひとつです。

 2000年以降は日系自動車メーカー、パーツメーカーもSEMAショーへの積極的な参加をおこなっています。

 2022年のレクサスはトヨタのブースが拡大した影響で並んでの展示が実現しました。

 2022年のSEMAショーにて、レクサスは合計6台を出展。

 そのなかでも、ミドルサイズSUV「LX 600 F SPORT」をアウトドアチックにカスタムした「LX 600 アルパインライフスタイルコンセプト」は多くの来場者が足を止めて熱心に見ていました。

 アメリカでは近年、山道や森のなかを走りながら山奥で数日間過ごす「オーバーランド」が流行りを見せています。

 背景には新型コロナウィルスの影響でやることがなくなり、さまざまな商業施設が休業したことが関係しています。

 人が密集するような場所がなく、いつでもオープンな大自然を楽しむというスタイルが大人気です。

 その影響はSEMAショーでも見られました。

 2021年から始まった傾向ですがオーバーランドに必須となるオフロードパーツだけでなく、無線装置や冷蔵庫、ルーフラックなどの生活に必要な装備も多数出展されています。

 自動車メーカーもオーバーランドを見据えたパーツ供給を発表したり、それを用いたカスタムカーを展示したりと、この流行を商機と捉えています。

 レクサスもその例外ではありません。

 今回、レクサスはLX600をベースに、オーバーランドに最適な装備を加えたカスタムカーを出展。

 LX600の持つラグジュアリーさはそのままに、オフロード走行にも最適な仕上がりとなっています。

 ボディカラーはLX600が併せ持つ両方の性質らしく、落ち着いたガンメタリックがマットで仕上げられました。

 外装のパーツはトヨタ系のオフロードカスタムを得意とする「ディセント・オフロード」が担当。

 10ゲージのマイルドスチールを使用した前後のバンパーに、アルミ製のサイドステップ、そしてウィンチはまとめて、ディセント・オフロードが「ボディアーマーシステム」として売り出す予定のパッケージです。

 ルーフに密着する形状のアルミ製ルーフラックもディセント・オフロードが開発した新製品で、ライトや取手、テント用マウントなどのアクセサリを自由に取り付けることが可能。

 今回の車両にはオフロード用アタッチメントを開発する「エイジェンシー6」の取手、そしてサイドオーニングも取り付けられ、実際の使用環境に近い状態を来場者は体感することができました。

 また、日本の老舗オフロードパーツメーカー「JAOS」が2022年1月の東京オートサロンで出展したカーボンファイバー製のオーバーフェンダーも装着されており、スポーティさを演出しています。

 灯りのない夜の大自然は強力な灯火類が味方になります。

 ルーフラック、バンパーには「リジッド・インダストリーズ」製のライトバーとフォグランプを装備し、真夜中の走行でも安全を確保しています。

 足元は鍛造ホイールで有名なヴォッセンのHF6-4(9.5J)を、BFグッドリッチのオールテレーン T/A KO2(285/60R24)と組み合わせました。

 極限まで軽量化をおこないながらも、しっかりと丈夫な設計を採用するヴォッセンのホイールは、重装備のオフロードに最適な存在といえるでしょう。

レクサス・LX のカタログ情報を見る

【画像】レクサスが「どこでもキャンプ仕様」世界初公開! LXが劇的に変わったカスタムを見る!(13枚)

24時間ネット購入OKの中古車って?【PR】

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント