7000万円超え!? 「新型高級セダン」日本初公開! 光るド迫力グリルがラグジュアリー! ロールスロイス「ファントムシリーズII」がすごかった!

2022年5月12日、ロールスロイスは、同社が「ラグジュアリーの頂点に立つ」と表現する「ファントム」の内外装を向上させた新型「ファントム シリーズII」を公表しました。このクルマは、同年10月20日に日本でも初公開されわましたが、どのようなクルマなのでしょうか。

ラグジュアリーの頂点に立つ「ファントム シリーズII」

 2022年5月12日、ロールスロイスは、同社が「ラグジュアリーの頂点に立つ」と表現する「ファントム」の内外装を向上させた新型「ファントム シリーズII」を発表しました。

 このクルマは、同年10月20日に日本でも公開が行われました。

7000万円を超えるロールスロイス新型「ファントム エクステンデッド シリーズ II」
7000万円を超えるロールスロイス新型「ファントム エクステンデッド シリーズ II」

 ロールスロイスは、イギリスの高級自動車メーカー。現在日本でも販売されているロールスロイスのクルマは、新車価格で最低でも4000万円を超える金額で販売されています。

 ファントムは、ロールスロイスの最上級セダン。現行モデルは2017年に登場した8代目モデルです。

 新型「ファントム シリーズII」は、そんな「ファントム」を一部改良し、内外装を向上させました。同社はこのクルマについて「ロールスロイスのデザインやエンジニアリングそしてクラフトマンシップの頂点を極めたモデル」と説明しています。

 最も大きな変更は、パンテオングリル上部のデイタイム・ランニング・ライトの間に新たに設けられたポリッシュ仕上げの水平ライン。そして、パンテオングリルの形状を微妙に変化させることで、正面から見たときに「RR」バッジとスピリット・オブ・エクスタシーのマスコットがより目立つようになった点です。

 またロールスロイス「ゴースト」で採用され好評を博したグリルのイルミネーションも追加。ヘッドライトには、レーザーカットされたベゼルスターライトが装着され、スターライトヘッドライナーとの視覚的なつながりを生み出し、夜間の存在感を増しています。

 足元には、サイドプロフィールを強調する新たなホイールが複数種類用意されています。

 三角形のファセットを持つ3Dミルドステンレススチールホイールは、フルポリッシュまたはパートポリッシュ仕上げで注文可能。また、1920年代のロールスロイスのクルマを彷彿とさせる、エレガントなディスクホイールも用意されています。このディスクホイールは、ポリッシュ仕上げのステンレススチールとブラックラッカーの両方が用意されます。

 ファントムの豪華なインテリアはほぼそのままですが、ステアリングホイールをわずかに太くすることで、オーナーとドライバーの接点をより身近なものにしました。

 ボディサイズは、全長5770 mm×全幅2020mm×全高1645mm、ホイールベースを延長したエクステンデッドモデルも用意され、こちらのボディサイズは全長5990 mm×全幅2020mm×全高1645mmです。

 搭載されるエンジンは共通で、最高出力571馬力を発揮する6.7リッターV型12気筒エンジン。これに8速ATが組み合わされ、0-100km/h加速は通常モデルで5.3秒、エクステンデッドモデルで5.4秒、最高時速はともに250km/hです。

 価格は、通常モデルが6050万円から、エクステンデッドモデルが7007万円からとなっています。

 ロールス・ロイス・モーター・カーズの最高経営責任者であるトーステン・ミュラー・オートヴェス氏はこのクルマについて以下のようにコメントしています。

「(ロールスロイス創業者のひとりである)ヘンリー・ロイス卿は『小さなことが完璧を生むが、完璧さは小さなことではない』と言っていました。新型ファントム・シリーズIIのために施されたさりげない変更も、すべて綿密に検討され、細心の注意を払って実行されたものです。」

ロールス・ロイス・ファントム のカタログ情報を見る

【画像】都内に家が買えちゃう! 新型超高級セダン「ファントム・シリーズII」の豪華すぎる内外装を画像で見る(50枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー