韓国ヒョンデが超高級セダン 新型「グレンジャー」初公開! 初代が日本の高級車と“似てる”ワケとは

ヒョンデが、2022年10月19日に7代目となる新型高級セダン「グレンジャー」の内外装を公開しました。初代は三菱の高級車とも関係のあるモデルだったといいますが、7代目はどのようなデザインで登場したのでしょうか。

ヒョンデの最上級セダン「グレンジャー」が全面刷新!

 韓国の自動車メーカー「ヒョンデ」(現代自動車)は、2022年10月19日に7代目となる新型「グレンジャー」の内外装デザインを初公開しました。

 公式サイトでも、内外装デザインを紹介する特設ページが公開されています。

7代目となるヒョンデ新型「グレンジャー」(画像:ヒョンデ本国公式SNSより)
7代目となるヒョンデ新型「グレンジャー」(画像:ヒョンデ本国公式SNSより)

 グレンジャーは、初代モデルが1986年に登場。当時提携関係にあった三菱が開発の大部分を担当しており、三菱の高級セダン「デボネア」(2代目)とも共通点の多いモデルだったといわれています。

 現行モデルは6代目で、韓国で販売するセダンラインナップで最上級モデルとなります。

 今回デザインが披露された新型グレンジャーは、フロントフェイス全面を広範囲にカバーする大型グリルや、初代グレンジャーとの共通性も感じられるC・Dピラー部の個性的なデザインが特徴的です。

 ヒョンデによると、新型グレンジャーでは古典的かつエレガントな美しさが表現されたほか、ライト周りの「シームレスホライゾンランプ」と呼ばれるデザインを採用したといいます。

 内装は、ステアリング部に設置されたシフトセレクターや、レザー素材、アルミ素材、リアルウッドが組み合わされたデザインが特徴。指紋認証システムや電動式後席カーテンなども装備します。

 ヒョンデは韓国国内で2022年10月19日から11月16日まで、デザインが一新された新型グレンジャーの先行展示イベントを実施しています。

【画像】巨大グリル採用の斬新顔!? 新型高級セダン「グレンジャー」初公開! 全貌は?(31枚)

【2024年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

1件のコメント

  1. この未来感溢れるデザインは素晴らしい。サイバーパンク2077のデラマンの車両のよう。細長い一文字テール等、かなり魅力です。
    韓国メーカーが日本で車を売っていた10数年前はダサい車ばかりだったのが見違えますね。
    売るなら今でしょ(笑)もちろん耐久性、メンテナンス性は国産と同等で、かつ本体価格もライバルより100万くらいは安くなければ日本人には売れないでしょうけど。その辺どうなんでしょうね。見掛け倒しでは本末転倒ですよ韓国メーカーさん。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー