メルセデス・ベンツ高級EVセダン 新型「EQS」登場! 600馬力超え「53 4MATIC+」も設定、どんな仕様で登場?

メルセデス・ベンツから登場した新型「EQS」はどんな最新EVセダンとして登場したのでしょうか。

メルセデスAMGの「EQS 53 4MATIC+」も設定

 2022年9月29日、メルセデス・ベンツ日本はEV(電気自動車)の新型高級セダン「EQS」を国内で発表・発売しました。どのような特徴を持つ高級セダンなのでしょうか。

メルセデス・ベンツ 新型「EQS」
メルセデス・ベンツ 新型「EQS」

 EQSは、ボディサイズが全長5225mm×全幅1925mm×全高1520mm。

 EV専用プラットフォームを新たに設計し、総電力量107.8kWhの駆動用バッテリーを搭載するEVとなります。

 外観はスポーティなシルエットを持ち、Cd値(空気抵抗定数)は0.20(欧州仕様参考値)を達成。メルセデス・ベンツ日本によると、量産自動車での最高値といいます。

 内装は、近未来感あふれる「MBUXハイパースクリーン」を採用。3枚の高精細パネルとダッシュボード全体が1枚のガラスで覆れたワイドスクリーンで構成されています。

 グレード展開として「EQS 450+」とメルセデスAMGの「EQS 53 4MATIC+」(29日予約開始)のふたつを設定。

 後輪駆動のEQS 450+は最高出力333馬力、一充電あたりの航続可能距離(WLTCモード)700km。四輪駆動のEQS 53 4MATIC+は最高出力658馬力、一充電あたりの航続可能距離(同)は601kmというスペックです。

 なお、EQS 53 4MATIC+ではトルクシフト機能によってフロントとリアの電気モーター間で駆動トルクの緻密な連続可変配分がおこなわれます。

 安全装備として、高速道路の渋滞時に先行車との車間距離を自動調整する機能や、渋滞末尾への衝突防止機能など先進的な装備も充実しています。

 価格(消費税込、以下同)は、EQS 450+が1578万円、EQS 53 4MATIC+が2372万円です。

※ ※ ※

 EQSのほかにも、2022年10月現在メルセデス・ベンツのEVブランド「EQシリーズ」のモデルは国内で「EQE」「EQC」「EQB」「EQA」という幅広いラインナップが展開されています。

 そのなかで、日本では2019年7月に発表されたEQシリーズ第一弾モデルが、EQCです。

 SUVタイプのボディを持つEQCは、四輪駆動で80kWnの駆動用バッテリーを搭載し、一充電あたりの航続距離は400km(同)を達成しています。

 それではここでクイズです。

 EQCは、日本導入時にローンチエディション(発売記念特別仕様車)が設定されましたが、このモデルの販売台数は、限定何台だったでしょうか。

【1】55台

【2】75台

【3】86台

【4】100台

※ ※ ※

 正解は【1】の「55台」です。

 カール・ベンツ氏とゴットリープ・ダイムラー氏が別々にガソリン自動車を完成させた年である1886年にちなんだ発表記念特別仕様車「EQC Edition 1886」は、特別なインテリアおよびエクステリアを採用。55台限定で販売されました。

※クイズの出典元:カーデイズ

●カーデイズ 公式ウェブサイト

【画像】流麗ボディが眩しい! メルセデス・ベンツ 新型「EQS」の全貌とは?(20枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント