これがトヨタの「真の野望」か 「クラウン」は新「高級車ブランド」として独立を目指している!?

トヨタは2022年7月、67年に及ぶ歴史を持つ伝統的高級車ブランド「クラウン」をフルモデルチェンジし、これまでにない4つのバリエーション展開を発表したことで大きな話題を呼んでいます。今後クラウンは、どのような展開をみせるのでしょうか。

シリーズ化することで「ニッポンのクラウン」は「世界」へ飛び立つ!?

 2022年7月、トヨタは16代目となる伝統的高級ブランド「クラウン」の新型モデルを発表。先行発売の「クラウン クロスオーバー」を筆頭に、全4タイプの新型「クラウンシリーズ」としてこれまでのイメージを一新させたことで、大きな話題を呼びました。
 
 1955年の初代以来、67年に及ぶ歴史と伝統を持つトヨタの一大ブランド、クラウンはこの先どこへ向かうのでしょうか。

従来のイメージを捨て斬新なデザインへと刷新したトヨタの16代目新型「クラウン」(クラウン クロスオーバー)[2022年7月15日世界初公開]
従来のイメージを捨て斬新なデザインへと刷新したトヨタの16代目新型「クラウン」(クラウン クロスオーバー)[2022年7月15日世界初公開]

 クラウンといえば、伝統的にほぼ日本専用モデルとして展開されてきました。

 実は昭和の時代に何度か北米をはじめとする海外展開もおこないましたが、全て惨敗でした。

 考えてみれば、クラウンのゴージャスなデザインはもともとアメリカ車をオマージュしたものです。当時の日本にとって「アメリカ車=高級車」のイメージでした。

 それをそのままアメリカに持っていけば、文字通り「小さいアメリカ車」になってしまいます。

 それでいて車両価格は高いので、誰も魅力を感じない……という寸法です。

 しかしこの9月、北米で開催されたデトロイトショーに新型クラウン(「クラウン クロスオーバー」)を出展したところ、トヨタでは相当な手応えを感じたようです。

 クラウンというネーミングこそ従来通りながら、新型クラウンはクルマの方向性が明確に違いました。

 加えて、アメリカのメディアに向け「ヴェンザ」(「ハリアー」のアメリカ名)より少し高いくらいという価格イメージを伝えています。

 いまSUVが圧倒的な人気車種になっているアメリカ市場においてドンピシャの戦略といえます。

 そのうえで「クラウンは、ラージSUVタイプなど他のバリエーションもスタンバイしている」ということを、アメリカでもアピールしました。

 単独車種でなくクラウン「シリーズ」にするということです。

 少しうがった見方をすると“クラウン”というブランドを、レクサスとトヨタの中間くらいに位置づけようとしているのかもしれません。

 確かにレクサスだとちょっと高価。かといって、トヨタよりもう少し上級嗜好のユーザーはいます。

 GMでいえば「キャデラック」に相当するポジションでしょう。

 レクサスの場合、目指すライバルはメルセデス・ベンツやBMW、アウディといった欧州プレミアムカーたちです。

 とはいえ、もう少し高い価格を付けないとガチの勝負になりません。

 ならばレクサスの価値をさらに高め、トヨタと離れてしまう価格差を新型クラウンシリーズで埋めればいい、ということです。

 トヨタ幹部に今後のクラウン戦略を聞いてみると「ここでお答えは出来ませんが…」とニヤリ。

 では、すでにトヨタから発表されている“クラウンシリーズ”をあらためて見てみましょう。

 先行発売された新型クラウン クロスオーバーのほか、ミディアムスポーツSUV「クラウン スポーツ」、ラージセダンの「クラウン セダン」、ラージSUV「クラウン エステート」と、合わせて4つのモデルからなっています。

 アメリカに限らず、どの国でも4車種あれば立派な「シリーズ」といって差し支えありません。思えばレクサスも北米での立ち上がりはわずか2車種でした。

 今後、トヨタ車の中でも少し上級なモデル、という戦略を取っていく可能性はかなり高いかもしれません。

【画像】伝統の高級車ブランドが「イメージ一新!」 新時代の「クラウン」と歴代モデルを写真で見る(80枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 日本に来んな
    中華レビンのように永久にアメリカから出てくんな

  2. レクサスのライバルは欧州プレミアムカーとか真っ赤な嘘もいい加減にしろ
    本当のレクサスのライバルは高級アメ車で欧州だと全く売れずにメーカーも市場見捨てた不人気車だろーが

    一般外国人の下手くそコラージュをあたもかも公式が発表したかのような文章に捏造して
    狭い道通れないだけの丸っこいデブをスタイリッシュと呼ぶ記事しか書けない脳みそ沸いたホラ吹きは地獄に堕ちろ

  3. クラウンのデザインについても記してほしい。国沢さんからみて海外で売れるデザインなのかどうか。