【異常事態!】「えっ!? 買えない?」新車納期1年待ちが当たり前… トヨタ、ホンダ、日産の対応は?

半導体不足に代表される部品供給遅れによる新車の納期待ちが深刻です。なかでもTOPシェアのトヨタが厳しい状況にあります。各社の今後の対応について解説します。

新車の納期遅れが極めて深刻なのは「トヨタ」だった

 新車の納期遅れが深刻な状況になっています。
 
 なかでも国内TOPシェアを誇るトヨタ車の相次ぐ生産休止が大きく響き、2022年8月度の販売登録台数ランキングではこれまでTOP10をほぼ独占していたトヨタ車の銘柄が5モデルしか入っていない事態に。
 
 9月時点でのトヨタをはじめとする各メーカーの状況と、今後の新車販売について探ります。

2022年8月23日の発売から間もないが、すでに長い納車待ちが発生しているトヨタ 新型「シエンタ」
2022年8月23日の発売から間もないが、すでに長い納車待ちが発生しているトヨタ 新型「シエンタ」

 ここにきて新車の納期が大きな問題になってきているようです。身近なケースを紹介しましょう。

 筆者(国沢 光宏)の場合、今年2022年3月にトヨタの新型「ノア」を注文しています。

 当時の納期を購入店に聞くと「半年まではかからないと思います。夏が終わる頃には何とか納車出来ます」。

 2ヶ月ほど経過した頃、別件で連絡があり「申し訳ありません。納車は年内くらいを想定して頂けますか?」。

 そして直近では、来年2023年の春という話になってしまいました。

 トヨタのWebサイトでは最新の納期目安(「工場出荷時期目処」)を案内していて、そこには驚きの結果が載っています。

 2022年9月13日時点での情報では、トヨタの乗用車および商用車36モデルのうち、半年待たないで買えるのは10モデルのみ!

 しかも10モデルのうち半分くらいがハイエースのような商用車か、ダイハツで生産しているモデル。

 純粋なトヨタの乗用車だと、旧型からキャリーオーバーされたビジネス向けモデルの「カローラ アクシオ」「カローラ フィールダー」と、あとは「ヤリス」(SUV「ヤリスクロス」は除く)のみ。さらに17車種は納期が全く見えないという状況です。

 どうなっているのかといえば、半導体不足に代表される部品供給遅れによる生産ラインの休止が多かったからです。

 人気の高いSUV「ハリアー」や「RAV4」を生産しているトヨタ高岡工場など、7月は半分以上生産ラインを動かせなかったといいます。

 ここにきて少しずつ状況も良くもなってきているようですが、いまだフル生産にほど遠い状況にあります。

 納期半年以上となっているコンパクトカー「アクア」の場合、2022年8月の登録台数は前年同月の47.2%。半分しか造れていないのです。

 トヨタ車以外はどうかというと、非常に興味深い状況になっています。

 ホンダも納期情報を出しているのだけれど、トヨタほど厳しくはありません。

 コンパクトSUV「ヴェゼル」や軽の「N-BOX」、ミニバンの「ステップワゴン」に代表される人気車の納期は半年以上となっています。

 けれどトヨタと比べ、納期が短い車種がググッと多くなります。ヤリスの競合車である「フィット」ですら納期1ヶ月と短く、オーダー入れたら割とすぐに納車されると考えてOKです。

 同じく納期を発表しているスバルといえば、納期4ヶ月を超える車種はありません。

 日産はというと、相変わらずユーザー視点の配慮が無いようで、公式サイト上で納期を公表していません。

 調べてみると「ノート」や発売したばかりの新型「エクストレイル」、電気自動車の「SAKURA」「ARIYA」は半年以上待たなければならないようです。

 納期3年とも言われるフェアレディZは受注停止中で、それ以外は常識的な納期を考えれば良い模様です。

【画像】納期待ちが深刻なほど「大人気」!? トヨタの最新モデル「シエンタ」を写真で見る(33枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

トヨタ 新型ヴォクシー
トヨタ 新型「ノア」サードシートと荷室
1 2

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 情報が古いな
    フィットの納期は今はもう半年以上だ
    いよいよMCモデルの生産に切り替わったんだろうな