スピードワゴン井戸田、15年愛したアメ車「クライスラー」とお別れ 「超さびしくなってきた」とポツリ

“ハンバーグ師匠”こと井戸田潤さんが、長年乗り続けてきた愛車のクライスラー「300C」とお別れしたと、自身の公式YouTubeチャンネルで明かしました。

最後はクルマに一礼

“ハンバーグ師匠”こと、お笑いコンビ「スピードワゴン」の井戸田潤さんが、自身のYouTubeチャンネル「ハンバーグ師匠チャンネル」で長年連れ添ったクライスラー「300C」とのお別れを発表。最後の洗車をおこないました。

クライスラー「300C」
クライスラー「300C」

 井戸田さんが300Cと出会ったのは、今から15年前。初めはベントレーが欲しかったそうですが、購入価格が2000万円もすると知って断念。その後、美容院の雑誌で知ったのが、300Cでした。

 洗車中には、当時結婚していた奥さんの結婚指輪がクルマのドアにぶつかり、真っ先にドアを気にして怒られてしまった話や、首都高でラジエーターが故障し煙を吹き出したエピソードなどを披露します。

 しかしそんな失敗談はありつつも、相手は長年連れ添った愛車。井戸田さんは洗車を終わる頃に「超さびしくなってきた」と漏らしつつ、最後は「15年間、ありがとうございました」と、丁寧に頭を下げていました。

 愛車への思い入れと感謝の伝わる動画に、視聴者からは「車種はなんにせよ15年も乗り続けるその気持ちがすごい」「苦楽を共にした愛車との別れはいつだって悲しいもの」「15年間大切に乗っていたのがすごく伝わります」といったコメントが多数送られていました。

 300Cは、米クライスラー(現ステランティス)が取り扱うモデルで、動画に映る井戸田さんの愛車は初代のセダンタイプ。

 2022年現在、ステランティスは日本でクライスラーブランドのモデルを正規導入していないものの、クライスラーの日本撤退までは2代目(300Cから300に改名)も導入されていたといいます。

※ ※ ※

 同じく井戸田さんのYouTubeチャンネルでは、このクライスラー「300C」に続く新しい愛車が公開されています。そのクルマというのが、年代物のBMW「330ci カブリオレ」(E46型)。しかも右ハンドルのMT車という、日本では取り扱われていない、大変珍しい仕様をしています。

 これは、もともとイギリスで販売していたモデルを購入したからだそう。今後の動画への出演を期待したいところです。

【画像】“ハンバーグ師匠”も愛用したクライスラー「300C」はどんなアメ車? 画像で見る(12枚)

会員登録ポイントで豪華賞品ゲット

画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー