ダイハツ「タフSUV」に新仕様登場! ダークメッキグリル採用の「タフト」を2022年秋発売へ

ダイハツは、軽クロスオーバー「タフト」の新たな特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」の情報を公開し、先行受注を開始しました。

「タフト」特別仕様車公開

 2022年7月27日にダイハツは、軽クロスオーバー「タフト」の新たな特別仕様車「ダーククロム ベンチャー」の情報を公開し、先行受注を開始しました。
 
 この特別仕様車は、2022年秋に発売を予定しています。

ダイハツ「タフト」の特別仕様車「ダーククロムベンチャー」(ディーラーオプション装着車)
ダイハツ「タフト」の特別仕様車「ダーククロムベンチャー」(ディーラーオプション装着車)

 2020年に発売したタフトは、“Tough & Almighty Fun Tool ”「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトとしています。

 そのなかで実際にユーザーは日常使いやレジャーに使用しているといいます。

 今回、2021年5月に発売し、大変ご好評をいただいている特別仕様車「クロム ベンチャー」に加え、よりタフさを演出するダークブラックメッキやガンメタリック塗装、ブラックマイカメタリック加飾を施した「ダーククロム ベンチャー」を新たに設定しました。

 また、好評のアースカラーに新たなセラミックグリーンメタリックと力強さを感じるクロムグレーメタリック、レーザーブルークリスタルシャインの3色をベース車も含め追加設定します。

 なお、ダーククロームベンチャーではフードガーニッシュやバックドアガーニッシュ、ドアハンドル、ドアミラーをダークブラックメッキ&ガンメタリック塗装で仕上げています。

 対してクロムベンチャーは、フードガーニッシュやバックドアガーニッシュ、ドアハンドルがメッキ&シルバー塗装です。

 そのほか共通して、インテリアでは送風口やシフトベゼル、メーターパネルなどにダークシルバー加飾を付与しました。

 また、特別仕様車ならびベース車の商品強化として、音声認識機能やワイヤレス接続に対応した9インチスマホ連携ディスプレイオーディオを設定するなど時代進化にも対応しています。

※ ※ ※

 タフトのディーラーオプションには、「フードエンブレム(ダークブラックメッキ調)」「ルーフキャリア」「エンブレムセット(ダークブラックメッキ)」も用意されています。

ダイハツ・タフト のカタログ情報を見る

【画像】ダークブラックがイイ! 精悍顔「タフト」を写真で見る!(35枚)

マツダ、HKS 無料セミナー「お得バナシ」はココを見て! 参加者全員 Amazonギフト券プレゼント!!

画像ギャラリー

【2023年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新記事

コメント

本コメント欄は、記事に対して個々人の意見や考えを述べたり、ユーザー同士での健全な意見交換を目的としております。マナーや法令・プライバシーに配慮をしコメントするようにお願いいたします。 なお、不適切な内容や表現であると判断した投稿は削除する場合がございます。

メーカーからクルマをさがす

国産自動車メーカー

輸入自動車メーカー