ヤマハ「MT-10」最新モデル発売 出力向上・スタイリング刷新とともに”サウンド”もデザイン

ヤマハはマイナーチェンジした大型ネイキッドモデル「MT-10」を発売します。どのうような進化を遂げたのでしょうか。

MTシリーズのフラッグシップがアップグレード

 ヤマハはマイナーチェンジした大型ネイキッドモデル「MT-10」及び「MT-10SP」を2022年10月26日に発売します。

【画像】ヤマハ「MT-10」最新モデルを画像で見る(12枚)

ヤマハ「MT-10」最新モデル
ヤマハ「MT-10」最新モデル

 様々な箇所を刷新したMT-10 最新モデルは、“意のままに操れるストリート最強のスポーツ性能”と“多用途で楽しめる機能”を集約させたMTシリーズの最高峰モデルです。

“MT-king’s Dignity”をコンセプトに開発された最新のMT-10では、平成32年排出ガス規制適合化と出力アップ(最高出力166PS/11,500rpm、最大トルク112N・m/9000rpm)と共に、αlive AD(アライヴ アコースティックデザイン ※四輪車のパワートレインサウンド開発に用いられた、エンジン回転数や車速に合わせて電子音を合成再生するシステム)を二輪車の開発に応用し、操る悦びを体感できるサウンドデザインを体現。

ヤマハ「MT-10」最新モデル。タンクカバー上面の左右に音の響きを強調するアコースティック・アンプリファイア・グリルが設置されています
ヤマハ「MT-10」最新モデル。タンクカバー上面の左右に音の響きを強調するアコースティック・アンプリファイア・グリルが設置されています

 タンクカバー上面の左右に音の響きを強調するアコースティック・アンプリファイア・グリルを設置することで、吸気ダクトからの音に加えて、吸気ダクト自体の振動である“ダクトの鳴り”をライダーに向けて発生し、気持ち良く伸びて行くサウンドを味わうことができます。

 最新モデルでは新たに6軸のIMU(慣性計測装置)を搭載し、シフトダウンにも対応するクイックシフターをはじめ、バンクの深さも反映するトラクションコントロールシステム、スライドコントロールシステム、リフトコントロールシステム、エンジンブレーキマネージメント、ブレーキコントロールなど、ライダーをサポートする各種電子制御の向上も図られています。

 また、新型MT-10ではヘッドランプまわりの意匠を刷新。シンプルな外装とすることで、バイクの力強さと凄みを強調するとともに、MTシリーズの頂点としての威厳が追求されています。

ヤマハ「MT-10SP」最新モデル
ヤマハ「MT-10SP」最新モデル

 なお、上位グレードとなるMT-10SPではオイル流路の切り替えをスムーズに行える「スプールバルブ」内蔵のオーリンズ製電子制御サスペンションを二輪車世界初採用。アンダーカウル、カラーリングなどSPのみの豪華な装備・仕様とされています。

 MT-10においてはグレー、ブルー、マットダークグレーの3色、MT-10SPにおいてはシルバーの外装色が用意された最新モデルの価格(消費税10%込)は192万5000円からとなっています。

 ヤマハ「MT-10」最新モデル。タンクカバー上面の左右に音の響きを強調するアコースティック・アンプリファイア・グリルが設置されています。

提供:バイクのニュース


ホンダ「CB4X」発表 CBR650Rのエンジンを搭載した斬新なコンセプトモデル


ホンダ「CB500F」新型モデル登場 スケールダウン版の400ccモデル日本導入はありえる?


カワサキ「Z900RS 50th Anniversary」発売 「Z1」を彷彿とさせる特別仕様車登場


スズキ「Ryuyo(竜洋)」軽量化された最強チューニングバイクが登場


斬新フェイスのヤマハ新型「MT-125」 ライバルはスズキ「GSX-S125」?

この記事の画像をもっと見る(12枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント