スズキがMotoGPとEWCからの撤退を発表! サステナビリティな未来に向けて

スズキが、2022年シーズンをもってのMotoGPへの参戦終了について、ドルなスポーツと合意いたと発表。同時にEWCへのワークス参戦も2022年シーズンをもって終了することを決定しました。

サステナビリティの実現に向けた決断

 スズキは2022年7月13日、2022年シーズンをもってFIM ロードレース世界選手権(MotoGP)への参戦終了について、ドルナスポーツと合意。

 FIM 世界耐久選手権(EWC)へのワークス参戦も、2022年シーズンをもって終了すると発表しました。

【画像】MotoGPやEWCで活躍するスズキのワークスチームを画像で見る(9枚)

スズキのワークスライダーとしてMotoGPを戦うアレックス・リンス選手
スズキのワークスライダーとしてMotoGPを戦うアレックス・リンス選手

 同社代表取締役社長 鈴木俊宏氏は、今回の発表について次のようにコメントしています。

「スズキは、サステナビリティの実現に向け、経営資源の再配分に取り組まねばならないなかで、この度のMotoGPとEWCの参戦終了という決断をいたしました。

 二輪レース活動は常に技術革新・人材育成の場としてチャレンジをしてきた場所であります。この度の決断は、レース活動を通じて培ってきた技術力・人材を、サステナブルな社会の実現へ振り向け、新たな二輪事業の創生に挑戦していくことを意味しております。

 MotoGP復帰以来、私たちのレース活動を支えてくれた、ファンの皆様、テストを含めて関わってくれた全ライダー、全関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

 アレックス・リンス、ジョアン・ミルの両ライダーとチーム スズキ エクスター、ヨシムラSERT Motulを最後まで全力でサポートをしてまいります。温かいご支援をお願いいたします」

 なお、来年以降ロードレースへのワークス参戦は終了となりますが、今シーズンは残されたレースを全力で勝利するべく戦い抜くことを明言。

 同社商品を使ってレースをしている一般ユーザーへのサポートについては、今後も継続するとしています。

提供:バイクのニュース


ヤマハ「YZR750」 ロードレーサー2スト最大排気量のモンスターマシン


ひとコケ最低180万円! LCRホンダのクルーチーフが明かすMotoGPお金事情


小さなバイク屋さんが市販レーサーホンダ「NSF250R」で世界に挑戦した理由


スズキ「Ryuyo(竜洋)」軽量化された最強チューニングバイクが登場


ドゥカティ「パニガーレV4」が「スーパーレッジェーラ」に進化! 車重わずか152.2kgの化け物が登場

【画像】MotoGPやEWCで活躍するスズキのワークスチームを画像で見る(9枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

頭金0円で新車に!? トヨタのサブスクを徹底解説

最新記事

コメント