トヨタ16代目新型「クラウン」世界初公開! 第1弾モデルは435万円から 2022年秋発売へ

トヨタは、16代目新型「クラウン」の第一弾となるクロスオーバーモデルを2022年秋頃に発売すると発表しました。

クロスオーバーを含む4つのモデルを開発

 トヨタは、2022年7月15日に新型「クラウン」を世界初公開し、第一弾としてクロスオーバーモデルを同年秋頃に発売すると発表しました。

トヨタ16代目新型「クラウン」(クロスオーバー)
トヨタ16代目新型「クラウン」(クロスオーバー)

 初代クラウンは、トヨタ独自の国産技術で作り上げた初の量産型乗用車として1955年に誕生。

 それから常に時代の一歩先を行く新しい価値を追求してきたものの、近年は多様化するユーザーニーズに対して対応が不十分になり、フラッグシップとしての存在感が希薄になっていた、とトヨタは振り返ります。

 それを受け、トヨタは新しい16代目クラウンの開発にあたり、「クラウンとは何か」を徹底的に見つめ直し、「これからの時代のクラウンらしさ」を追求した結果、4つのまったく新しいクラウンを開発。

 セダンとSUVを融合させた新しいスタイルの「クロスオーバー」、エモーショナルな雰囲気を持ち、運転しやすいパッケージとともにスポーティな走りを実現した「スポーツ」、新たなフォーマル表現とともにショーファーニーズにも応える「セダン」、大人の雰囲気で余裕のある走りを持つ機能的なSUV「エステート」をラインナップしました。

 トヨタは今後グローバルに約40の国・地域に順次展開していくとしていますが、その第1弾として前述のとおりクラウン(クロスオーバー)を本年秋頃に発売します(一部グレードは2023年1月以降に生産予定)。

※ ※ ※

 新型クラウン(クロスオーバー)の外観は、スタイリッシュなクーペライクシルエットと、力強さを感じさせるリフトアップスタイルを組み合わせ、流麗さとダイナミックさを両立させたことで、新時代のフラッグシップの姿を表現。

 左右に一直線につながるヘッドランプ・テールランプや、キャラクターラインに頼らず面の抑揚で質感を表現したサイドビューなど、シンプルでありながら鋭さと雄大さを兼ね備えます。

 大径タイヤやボディ構造の工夫により、ボディ側面近くまで外側に張り出した足回り、ボディとタイヤの隙間のバランスも徹底的に吟味したといいます。これにより、セダンでもSUVでもない、踏ん張り感のある力強いスタイルになりました。

 内装は、ディスプレイや操作スイッチを水平方向に集約したことでどの席からも直感的に操作ができる機能レイアウトと、インストルメントパネルからドアにかけてひと続きで包み込まれるような造形を採用。

 ドライバーは運転に集中でき、同乗者は心地よく移動を楽しめるこのスタイルをトヨタは「全席特等席」と表現します。

 過度に飾り立てず温味を感じられる金属加飾「WARM STEEL」や、思わず触れたくなる造形と心地よい握り心地を両立したシフトノブ、一目でわかる仕立ての良さと着座時の安心感にこだわったシートなど、内装部品のひとつひとつにもこだわり、上質で豊かさを感じられる空間を演出。

 ボディカラーは、新開発の「プレシャスブロンズ」や「プレシャスレイ」をはじめ、特徴的なバイトーンカラーのコーディネートも設定。合計12通りのボディカラーと4種類の内装色の組み合わせで、幅広いバリエーションが設定されます。

 搭載されるパワーユニットとして、低回転から力強いトルクを生み出す直列4気筒ターボエンジンと、高い駆動力を発揮する最新の電動パワートレーン「eAxle」、新開発のバイポーラ型ニッケル水素電池を組み合わせたハイブリッドシステムをトヨタとして初採用。

 ドライバーのアクセル操作にリニアに反応し、ダイレクトかつトルクフルで気持ちのいいドライビングフィールを実現します。

 ほかにはクラウン(クロスオーバー)に最適化した高効率ハイブリッドシステムに、新開発バイポーラ型ニッケル水素電池を搭載。クラストップレベルの低燃費と高い静粛性を実現します。

 大径タイヤの採用により得られた従来のセダンより高いヒップポイントを活かし、乗り降りがしやすく、視界の良い着座位置を実現。

 頭の上や前後の空間もより広く確保し、どの席に座っても特等席と感じるような、居心地のいい室内空間を目指しました。

 乗り降りや運転のしやすさを優先したパッケージでありながら、TNGAプラットフォームによる軽量かつバランスの取れた高剛性ボディと、足回りでは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤには新開発マルチリンク式のサスペンションにより、どっしりとした直進安定性と、しなやかな動き、目線のぶれないフラット感と振動の少ない質感の高い乗り心地を追求しています。

 先進機能を付与し、機能向上した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車標準装備。対応する事故形態を一層拡大し、より安心なドライブを楽しむことが可能に。

 このほか高度運転支援技術「トヨタ チームメイト」を搭載し、渋滞時の安全運転を支援する「アドバンスト ドライブ(渋滞時支援)」やさまざまな駐車シーンでスムースな入庫・出庫を自動でおこないリモート操作も可能な「アドバンストパーク(リモート機能付)」など、安心・便利な先進機能を装備します。

 新型クラウンは全車4WD(E-Four、上級グレードはE-Four Advanced)仕様で、価格(消費税込)は435万円から640万円です。

トヨタ・クラウン のカタログ情報を見る

【画像】4年ぶり刷新のトヨタ16代目新型「クラウン」世界初公開! 画像で見る(29枚)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

画像ギャラリー

【2022年最新】自動車保険満足度ランキングを見る

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント